FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イ・サン-正祖大祖 20話夢をつなぐ墨絵

英祖(ヨンジョ)はサンに王として必要なことを学ばせるため、あらためて摂政を命じる。最初は戸惑っていたサンだったが、覚悟を決め、摂政として初の政務報告会に挑む。そこでサンは、誤った慣例を正し、朝廷の改革に取り組むことを宣言。商人と老論派の癒着を指摘、下級官吏の意見を聞いたりしていく。うーん、いきなり過ぎる!!老論(ノロン)派への宣戦布告だ。
王は、サンを見守ってくれてます。ゆっくり育ててイザとなったら助けてくれるのかな??

ホン・グギョンは、テソのおじさんをはじめとするヤミ商人たちに商権を与え、老論と癒着している商人たちの利益をつぶそうとします。しかし、ノロン派も資金源を断たれると派閥が緩むから必死です。クギョンを取り込もうとしてみたり・・・。ま、あいつはそう簡単に人に操られる男じゃないけど!!

一方、図画署(トファソ)の署長の計らいで、嬪宮(ピングン)に贈るびょうぶ絵制作を手伝うことになったソンヨンは、どう描いたらいいのか悩んでいた。
それに、画員たちが大反発して上疏文を提出。まあ、気持ちはわかる。朝廷の都合で仕事が滞ったとはいえ、まるで画員の怠慢みたいに見えるもんなあ。
サンが現れて「競技会で五位以内に入ったら文句を言わない」ということを画員たちに約束させる。うーん、返って「王様の後見があるから」って言われちゃいそうだけど・・・。サンは改革のひとつと思ってるかもしれないけど、ソンヨンと特別なつながりがあるのは確かなわけで・・・。

ピングンも良い気はしないし、ノロン派は利用しようとするし、重圧でソヨンは絵がダメになってしまうし・・・。サンがわざわざ家を訪ねて「楽しんで書け。絵を描くのが楽しいだろ?まじないをしておいたから、贈った筆を使え」なんていう。

ソンヨンは競技会に臨みます。しかし、ソンヨンに配られた絵の具はドロドロ・・・。どうやら、反対する画員が、不純物を入れてダメにしたらしい。そんなにソンヨンが怖いのかよ・・・。小さいなあ。っていうか、ソンヨンが代理で書いてたイチョンさまの絵、悪くはないけど突出してたわけじゃないし、そんなに恐れることない気もするけど・・・。
ソンヨンは墨だけで絵を書き上げ、5位に入賞!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| イ・サン | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4603-5e9b6ef3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]