FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リアルクローズ 11(最終)話

終わりました。いい最終回でしたね。すっきり終わって、さわやかな気持ちになれた。

本当に気持ちの良い、嫌味のないドラマでしたね。明日から頑張ろう!って気持ちになれるドラマだった。
カリナちゃんのキャラクタが本当に良かったと思います。暑苦しくない熱血スポコンものっていうんですか??がんばるのも「涙堪えて」じゃなくて、本当に楽しんでる感じがカリナちゃんから伝わってきました。
序盤は「服にはマジックがある」という話をメインにしつつ服がしょぼいのが気になったけど、ストーリーのかげで気にならなくなってきました。
jazztoronikの音楽も良かったし、「大丈夫~」な主題歌も内容にあっていた。

このドラマと、ママさんバレーに捕まえて!の二本にでてた黒木様と加藤夏希ちゃんは、正反対のキャラで楽しませてくれました。



熱血だからこそ「勝ち負け」にとらわれて「お客様」が見えなくなってしまう絹江。でも、凌さんが叱ってくれるんですよね。「仲間なんていうのは甘え」だとミキさまはいうけど、やっぱり仲間がいるから絹江はやっていけるんだよね。で、周囲が協力してやりたいと思うものが絹江にあると思う。素直で、まっすぐで、元気で、がんばりやで、周りを明るくするものがある。
「俺と一緒に来るか??」は、絶対にロンドンに行くってのとは別の話だと思ったら、ホントにつかいっぱとして連れて行きたかったのか。しかし、残るのが「英語ができないもん」なのは笑った。




あらすじ(公式から)
『Siela&Keith』との契約を逃した美姫(黒木瞳)は責任を問われ、統括部長を解任された。代わって婦人服部門に乗り込んできた尾崎(田中哲司)は、白紙になったクリスマス商戦企画の代替案を出すよう絹恵(香里奈)らに命じる。


動揺する絹恵に、美姫は自分の代わりにこのプロジェクトの指揮を取れと指示。だが、松善に対抗できる企画をクリスマスまでに立ち上げるのは至難の業だ。絹恵は優作(西島秀俊)に相談しようとするが、優作は転職先との契約のためロンドンに発ってしまう。

美姫と優作の支えを失った絹恵は「私ががんばらなきゃ」と奮起。“打倒!松善”を掲げて人気ブランドとコラボした限定アイテムの販売を企画し、ニコラ(黄川田将也)らに指示を飛ばして交渉に乗り出すが、商品はなかなか集まらない。焦った絹恵は、日常の業務を無視してスタッフを交渉にあたらせようとするが、その強引さに凌(加藤夏希)らが反発。絹恵はついに孤立してまう。

ライバル百貨店に対抗するため、躍起になって働く絹恵に仲間たちは… やがて、松善に勝つことだけにとらわれていた自分に気づく絹恵。ニコラや凌らスタッフの意見を集めてクリスマス企画を練り直すうち、百貨店の常識を覆すあるアイデアが浮かび…。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| リアル・クローズ | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4614-1dc4fd73

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]