FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不毛地帯 11話

今回は、一徳さんがすばらしかったですね~。里井副社長がんばれ~って素直に思ってしまいます。焦りや不信感が、一徳さんの演技で着実に表現されてました。

初老になり死の時が近づいた里井は焦る。社長に言われてたように「小さい男」の部分がでてくる。同じようなことが、実は壱岐にも起きている。

シベリアで「死」と身近に過ごしたことは、壱岐のある種のカリスマ性の源である。本人の内実がどのように汚かろうが、彼が演出する表面の硬さは壱岐の武器となっている。
しかし、「老いていく」ということは、また別の意味を持っている。若い女性に惹きつけられる壱岐。それは、彼のカリスマ性を削ることになる。それを部下は分かっていて、千里をけん制する。壱岐も又「妻に悪い」ということで、自分の武器を手放すことにためらいがある。そこらへんの「見えない小ささ」みたいなのが、ちらりちらりと見えている。



あらすじ(公式から)
壹岐正(唐沢寿明)は、副社長の里井達也(岸部一徳)とともに、千代田自動車との提携を目指して米自動車産業ビッグ3の一角、フォーク社との交渉に臨んだ。千代田自動車側は、乗っ取りを恐れ、フォーク社の出資比率を25%以下にしたいと主張していた。それに対してフォーク社側が提示した条件は、重要決議に拒否権を行使できる33・4%以上でなければ交渉には応じないというものだった。そこで里井は、腹心である業務本部長の角田保(篠井英介)とともに新たなプランを作成する。それは、壹岐たちが進めてきた提携話を白紙に戻し、フォーク社と千代田自動車が対等の出資比率で新たな合弁会社を作るというものだった。

壹岐らとともにデトロイトのフォーク社を訪れた里井は、フォーク会長(アレキサンダー・バリ)との会談を行った。その席でフォーク会長は、新たな合弁会社を作るという里井の提案に強い興味を示し、千代田自動車の経営状況を調べた上で検討する、と答える。

里井は、さっそく社長の大門一三(原田芳雄)に連絡をとり、来月フォーク社が日本に覆面調査団を派遣するところまでこぎつけたことを報告する。里井は、調査団の受け入れ準備も自らが主導するつもりでいた。そんな里井に、壹岐は、千代田自動車がフォーク社と合弁会社を作るプランに納得するとは思えない、と進言した。仮に50対50の対等出資で合弁会社をスタートさせても、あっという間にフォーク社に飲み込まれてしまう危険性があるからだった。一方、フォーク社にしても、千代田自動車の経営状況が予想以上に悪化していることを知ったらこの話から手を引く可能性が高かった。しかし里井は、壹岐の言葉をさえぎると、自分の案が通らなかったからといって水を差すのは止めろと言い放つ。と、そのとき、突然、里井が苦しそうに胸を押さえて倒れこんだ。壹岐や角田は、救急車を呼んで里井を病院に運んだ。狭心症の発作だった。

里井は、検査を担当した医師から、心筋梗塞に移行する恐れもあることから、今後は海外出張などを控え、副社長のポストからも退くようアドバイスされる。しかし里井は、フォーク社側調査団の来日が控えているのにのんびりしているわけにはいかない、と強引に退院しようとした。そこで壹岐は、来日を延期するようフォーク社側と交渉する、と里井に告げるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 不毛地帯 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4715-a1febe95

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]