FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

逃亡弁護士5話

ストーリーは悪くないんですよね。二話からこの段階に入ればもっと良かった。事務所関係者、検察入り乱れての「法曹界の膿」に焦点があてられた回。「成田は無実だと思っている」という人たちだけど、それがどこまで本気なのか分からないということで、腹の探り合いがあって面白い。「フクナガ」とは誰なのか?
せっかく面白いので、上地君に「説教」をさせるのはやめた方が良い。「説教じゃない、同じ法律を扱う人間としての話だ」っていうけど、心が伝わらない演技なんですよねえ。もっと頑張ってほしいっす。


あらすじ(公式から)

成田(上地雄輔)は美由紀(村川絵梨)に会わせてくれるという浅沼(姜暢雄)に連れられ、浅沼が独立する予定で借りた事務所へ。
ところが、浅沼に届いた一通のメールから事態は一変。浅沼は成田に、「必ず美由紀を連れてくる」と言い残し、事務所を出て行ってしまう。浅沼は、あてにしていた独立資金の援助を急に断られ、新たな資金集めに奔走することになってしまったのだった。

事務所に一人残された成田だったが、そこへやって来た不審な男から「ハンコを頼む」と浅沼宛ての書類を託される。
"フクナガ"から頼まれたというその書類は、報酬と引き換えに弁護士の名義とハンコを貸して、悪徳企業に加担するものだった。
そのころ、連光寺(豊原功補)と五十嵐(佐藤二朗)も、浅沼のサインと職印がある捏造文書のコピーを本人に突きつけたうえで、横領も浅沼の仕業で、成田に罪を着せたのではないかと追い詰めていた。
無実を主張し、成田のもとへ行こうとする浅沼。だが、そこに絵美(石原さとみ)が立ちはだかり、「横領を父に知られたから殺したのか」と問い詰める。浅沼は成田も自分も何者かにハメられたと話し、「あいつを信じてやってくれ」と言い残して去る。
事務所へ戻ってきた浅沼は、今度は成田から捏造文書の数々を見せられ、問い詰められる。
"フクナガ"にそそのかされて不正行為を行ない、それが原因で独立資金の援助の話がなくなったのではないかと責められた浅沼は、判事である兄や父親よりも上の最高裁の判事になりたかった、みんなを見返すために独立したかったと告白。
成田は罪を認めて自首するよう説得するが、殺人、横領の疑いがかけられている浅沼は「お前を警察に突き出せば、俺の疑いは晴れる」と警察に通報しようとする。
一方、真船(北村一輝)は、成田が絵美に接触する可能性が高いとにらみ、「アナタだけに"真実"をお伝えしたい」と絵美を呼び出していた。「成田の無実を証明して、真犯人を突き止めたい」と話す真船に、絵美は浅沼の携帯に連絡、成田の居場所を問う。「今一緒にいる」という浅沼の答えに、真船は一転して成田逮捕に全力を注ぐ。
追手が迫るなか、成田は浅沼が自首するまで逃げないと言い切り、浅沼を説得。心を開いた浅沼は罪を償う覚悟を決めるが、横領に関しては否定し、美由紀がいるホテルのカードキーを成田に渡す。
さらに、美由紀が虚偽の証言と引き替えに、多額の報酬で取引した人物の名前が"フクナガ"だと伝える。ホテルを訪れた成田だったが、すでに美由紀の姿はなく「“フクナガ”から連絡がありました。やっぱり成田誠とは会えません」と書き置きが残されていた。
呆然とする成田だったが、突如ドアのノック音が。扉を開けるとそこには絵美がいて…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 逃亡弁護士 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/5724-35260ed8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]