FC2ブログ
  • 01月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

熱海の捜査官 2話

うーん、事件がすすまね~。でも確かに「動いて」はいるんですよね。少し回数ためて一気に見た方が楽しいのかな~。田中哲司さんもでてるので、リタイアはしないと思います。



あらすじ(公式から)

吊り上げられたバスの中から、遺体などは発見されず、酷い錆で指紋等の検出も不可能な状態だった…。広域捜査庁鑑識課のエース・坂善正道(田中哲司)が調べたところ、窓枠4カ所の錆がほかの部分より進行。どうやら何者かがバスを沈めるために使ったワイヤーで部分的に塗装が剥がれ、錆が進んだようだ。さらに奇妙なことに、運転手の新宮寺有朋(山中聡)が引いたはずのサイドブレーキは解除してあった。

 星崎剣三(オダギリジョー)は甘利市長(団時朗)に呼び出され、南熱海市役所を訪れていた。捜査に全面協力すると申し出る甘利に、星崎は未だ行方不明の3人の女生徒の中に面識があった子はいるか尋ねる。否定しようとする甘利市長を尻目に、市長の娘・甘利レミー(二階堂ふみ)は、ペラペラと口を滑らす。「椹木みこ(山田彩)さんはお父様のお知り合いの陶芸クラブにも入っていたんです。」

 一方、北島紗英(栗山千明)は事件発生時に新宮寺が介抱しようとした老人・蛇川方庵(小野栄一)に会うため、怪しげな見世物小屋『南熱海天然劇場』へ。蛇川はバスの箱に入って消えるという、事件を彷彿とさせる手品を披露していた。しかも不思議なことに劇場の時間の流れは早く、手品を見た北島が劇場を出るとすでに7時間が経過していた…。

 翌日、星崎は包帯少女・東雲麻衣(三吉彩花)に発見されたバスを見せると、東雲に変化が!突然「ライン」という言葉を口にしたのだ。ラインとは何なのか…。事件前日の写生以外に、東雲ら女生徒4人には何か共通点があり、それがラインと関係しているのではないか…。星崎は気になって仕方がない。


 星崎は拾坂修武(松重豊)とともに、椹木が所属していた『レプス陶芸クラブ』へ向かった。拾坂の元カノで経営者の洲崎道代(広田レオナ)によれば、品格の備わった女性の育成を目的にした陶芸クラブだという。しかし、陶芸にいそしむ女子高生たちの手つきは誘うように妖しく、朱印組の組長・朱印頭(松尾スズキ)も出入りしている。さらに、クラブの中にあった灰皿には葉巻が置いてあった。葉巻を吸う人間といえば偉い人――拾坂の言葉に反応して、星崎はつぶやく。「そういうことか。だいたい分かりましたよ」。

 そんな折、バスの後部座席の下から、ビニール袋に入ったカセットテープが発見された。それを受け、星崎と北島らはバス消失地点を再び訪れる。そこで周囲を見渡した北島は『空と海と虹の会』の建物に目をつけ、代表の平坂歩(萩原聖人)を訪ねることに。しかし、平坂はバスが消えた日、特には何も気付かなかったという。

 同日、東雲の包帯が取れ、ついにその素顔を晒す。そして、永遠の森学園に復学することが決まった。そして南熱海警察署では、星崎らが遺留品のカセットテープを再生するため顔を揃えていた!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/5743-d2d7bfc9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]