FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

逃亡弁護士 7話

フクナガって誰なんだ~って感じでしたね。
法に不信感を持っている、正義に不信感を持っているゲストだったから、検事に反発して成田を庇うのにも割と自然な流れがあった。
連光寺さん、フクナガ、なぞの少女、検事の関係もうっすら見えてきて、先が気になる展開になってきましたね。検事は、成田を泳がせて、彼に捜査をさせたいのか?それはどうしてなんでしょうね?検察上層部からストップがかかるような案件だから、成田の事件に絡ませて「偶然、元同僚の死の真相が分かった」としたいということなのかな?
しかし、あのツボを売った奴もフクナガと繋がってる気がするんだけど、調べないの??


あらすじ(公式から)
成田(上地雄輔)を襲ったのは、フクナガに復讐を誓う女性・文江(室井滋)だった。
文江は夫婦で洋食屋を営んでいたのだが、地上げ屋に営業妨害され、それを助けるふりをして近づいてきたフクナガに騙されていた。弁護士だと称するフクナガが地上げ屋と共犯とは知らず、病気を患っていた夫・寛(田山涼成)の治療費のため店も土地もフクナガに言われるまま売り払ってしまった文江は、恨みをはらそうと、怪しげな霊感商法にもはまっていた。
そんな中、亮子(矢田亜希子)は連光寺(豊原功補)に、フクナガの正体を聞き出そうとするがシラを切られる。
亮子からその話を聞かされた絵美(石原さとみ)も連光寺に会いに出かけるが、仕事も休んでおり、まったく本人と連絡が取れない。連光寺への不信感をつのらせた絵美は成田と接触し、その事実を成田に告げる。 
文江を救うため、そしてフクナガについての手がかりを得るため、資料を手に文江の元へ向かう成田。
だが、営業妨害していた地上げ屋の後を付け回すなど、不審な行動をしていた文江は警察に連行されてしまう。成田は決死の覚悟で警察に乗り込み、見事文江を救い出すが、その際指名手配犯だとバレてしまう。
病院では優希(高月彩良)がおびえた表情で『フクナガ』と言葉を発していた。
亮子は真船(北村一輝)に、優希の父親と二ノ宮(船越英一郎)の殺人の背景にいる人物がフクナガであり、追うべき相手は成田ではなくフクナガなのではと問い詰める。しかしその直後、成田発見の報が入り、真船らは文江の家に駆けつける。 
成田は文江にフクナガを訴えることができる資料を手渡し、共にフクナガを捜して闘おうと懸命に交渉するが、文江は簡単には成田を信じることができない。そこへ真船らが到着。成田が指名手配犯だと告げ、文江のことが心配だから部屋を調べたいと申し出る。
しかし意外にも、文江は真船ではなく成田を信じ、機転を利かせて警察を追い払う。
成田は地道な聞き取り調査から知り得た文江の夫・寛の思いを文江に伝え、文江の復讐に凝り固まった心を開く。
そしてアクサル法律事務所の集合写真に写っている連光寺を差し、見覚えはないかと問う。ところが『ここに写ってるけど?フクナガ』と文江が指差したのは、成田が思いもよらない人物だった!
そのころ、絵美はようやく連絡が取れた連光寺の自宅を訪れていた。怪しげな表情を浮かべ、フクナガの正体を絵美にだけ教える、と話し始めた連光寺は…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 逃亡弁護士 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/5803-b16efe9d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]