FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空くらい地くらい125~128話

実母問題が進んでいきます。ジスの父親はとことん甘いよね~。ジスなら大丈夫って信頼してるというけどねえ・・・。ムヨンの負担になる可能性とか考えないのかな??ジスの考える「正しいこと」って、どちらかというとムヨンを追い詰めてきたという感じがするんですよねえ・・・。実母は、ムヨンに頼ることの非道さを分かっていても、子供が死んでいくというのを見てるのも辛いねえ・・・。移植問題はホームドラマによく出てくるだけどねえ。
ムヨンが、学校に居る時は「何も知らない」ウナの可愛い恋愛で和んでるのは良いと思う。


あらすじ(公式から)
125話 母からの電話
実の母ジンスクからの電話に、ムヨンは動揺して電話を切ってしまう。ジスに会ったムヨンは「これまでどおり、あの人と俺は互いを気にせず生きればいい」と気持ちを語る。ソク家ではジョンフンがジスの結婚を許し、ジスもミョンジュも喜んでいた。休日にサンヒョンとウンジュはヘギョン手作りの料理を持ってキム家を訪ねる。ヘギョンが料理のできないウンジュの代わりに料理を作り持たせるのは、姑ミョンジャにウンジュが好かれるようにとの母心からだった。だがその料理を見たミョンジャは「娘をダメにしている」と不機嫌になるばかり。ウンジュとしては母の誠意を否定された気分だが、ミョンジャは「大事なのは、あなたが私たちをどう思っているかよ」と逆効果だった。その日、ジョンフン夫婦にドライブに誘われていたミョンジャとテシク。彼らは旅先でジョンフンからジスとムヨンの結婚を切り出される同意を求められる。ミョンジャとテシクは、2人の結婚に反対はしないが、大学を出てからでもいいのではないかと考える。家に戻ったミョンジャたちはジスに来てもらい、直接彼女の話を聞く。ジスの気持ちは分かるが、なぜ結婚を急ぐかいまひとつ納得がいかない。ミョンジャは、ムヨンに何かあったのではないかと考える。
126話 カラオケ店オープンの日に
ナリ食堂で一人で勉強していたムヨンに、再びジンスクから電話が入る。電話を切ろうとするムヨンに「お願い、切らないで。会ってほしい」と言うジンスク。そこへミョンジャが現れ、あわててムヨンは電話を切る。ミョンジャはジスとの結婚についてムヨンの気持ちを聞きにきたのだ。ムヨンは「結婚できる状況じゃない、今結婚するとジスが苦労する」と結婚には否定的だった。だがミョンジャは、両親の愛では癒すことのできないムヨンの心の満たされない部分を、ジスが癒せるのであればそれでいいと語る。ミョンジャは、ムヨンを迎えに来ると言ったムヨンの母の言葉を忘れたことはなかったが、ムヨンを息子と思ってからは実の母の出現を恐れていたと話す。ムヨンとしては家族やジスにこんなに愛されているのだから結婚で傷を癒すつもりはない。だがミョンジャの気持ちは固まっていた。ムヨンとジスを結婚させるつもりだとミョンジャは家族に話す。ボンレやスニム、ミョンテは驚くが、相手がジスだと聞いて皆納得。一方、ミョンテのカラオケ店がオープンした。その日の朝、ナリ食堂にジンスクが訪ねてくる。
127話 恐れていたことが
ジンスクはひたすらミョンジャに許しを請う。ミョンジャはジンスクの話から、春にムヨンが家出したのはジンスクを捜してのことだったと知る。ミョンジャは、ムヨンが父親や兄たちと名字が違うことでずっと傷ついてきたこと、自分もそんなムヨンを見てずっと苦しんできたことを語る。今さらなぜ会いに来たのだ、会ってもムヨンが苦しむだけだから帰ってほしいとミョンジャに言われ、ジンスクは何も言えず帰る。このことでミョンジャはジスが結婚を急ぐ理由が分かった。そういうことなら、今は不安定なムヨンのために式を急いだほうがいい。ムヨンはミョンジャに式の日取りを決めると言われ、急な展開に驚く。ミョンテのカラオケ店のオープンに、サンヒョンとウンジュがやってきた。初日は客が多いほうがいい。カラオケのあとにナリ食堂に寄ったサンヒョンとウンジュだが、ミョンジャはムヨンのことで頭がいっぱいで機嫌が悪い。ソク家も全員総動員で集まり、家族カラオケ大会が始まり大いに盛り上がる。
128話 兄として弟として
まだ結婚は早いと考えるムヨンに、ミョンジャは結婚を強く勧める。ミョンジャはジンスクが会いに来たことはムヨンに話さなかった。一方テシクは結婚よりも実の母と会うことが先だと考えていた。ミョンジャはジスに電話を入れ、自分が2人の結婚をあと押しすると言う。ジスはムヨンに今すぐの結婚を強要するつもりはなく、自分が大切な存在なのだとムヨンが気づいてくれさえすればよかった。一方ムヨンから相談したいことがあると呼び出されたサンヒョン。ムヨンは実の母が見つかったこと、ジスとの結婚を強く勧められていることなどを相談する。サンヒョンは「ジスを愛しているなら結婚しろ」とアドバイス。ミョンジャから、ムヨンの母が現れたと聞いたミョンジュ。彼女は複雑な姉の胸中を察して思いやり、ムヨンとジスの結婚に協力すると約束する。ナリ食堂にいるテシクにイ・ジンチョルという男から電話が入った。話があるというその男に会ってみると、ジンチョルはジンスクの兄だった。ジンチョルは昨日ジンスクが言い出せなかった頼みごとをしてきた。それは、白血病のムヨンの弟のためにムヨンに骨髄提供をお願いしたいということだった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 空くらい地くらい | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/5979-df4cb594

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]