FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガラスの靴 33・34話 記憶の向こう側

ガラスの靴 DVD-BOX Vol.1 33話
会長が亡くなったことで、会社は不安定になり、アイコンパックの成功に会社の期待がかけられます。
ジェヒョクは白血病専門医を紹介するも、ソヌは拒否。こういうのは、素直に受けるべきだと私は思う。恋愛とは別に、上司としての気遣いじゃん?変に遠慮したり、隠すから、テヒは疑いを深め傷ついちゃう。「弱いのは私の方よ」っていうテヒが正解だよ。弱者として周りの同情引きまくりのソヌと、弱音一つはけないで会社の命運を背負ってるテヒ。テヒの方が私は好きだ。




チョルン、893絡みで首になってしまいます。でも、ソヌを支える覚悟は変わらず。ソヌもチョルンに甘えてる。
アイコンパック発売日。雨でイベントが不振になりそうな所を、ソヌのどぶ板営業で救われました。(ドラマとはいっても、ソヌ持ち上げのためのエピでしかなくて、なんか嫌。)ソヌが辞表提出。テヒがガツンといったとき、スカッとしましたよ。ジェヒョクは、それを責めるんだけど、病気のためにも辞めた方がいいし、ソヌがそれほど事業に必要とは思わないなあ。ジェヒョクに、「あなたも辞めたって構わないのよ」ってテヒが言ったとき、「そうだそうだ」って思ってしまった。
ソヌ、スンヒに「どっちが好きなの?」って問い詰められます。確かに~。しかし、ソヌぶったおれちゃいました。スンヒ、なんだかんだ言って、家まで運んで薬の心配までしちゃうし…。悪人になりきれないスンヒ。
スンヒ父に呼び出されたソヌが、駅でまた倒れて、ジェヒョクに連絡が。スンヒ父にジェヒョクが接触を図ります。
34話
チョルン父復活!だが、まだ話せません。
ソヌは、入院を受け入れられないけど、なんとかチョルンの説得を聞き入れ、献身的なチョルンの看病で、闘病生活が始まりました。
ジェヒョク、テヒに「ソヌが白血病だ」と弱音を吐きに来ます。あんた、テヒの苦労を考えてやれないのかよ。自分勝手だなあ。
スンヒは、指輪をソヌに返しちゃったので、偽造指輪を作成。これが見つかってテヒに怒られちゃいます。
ジェヒョクは会長の事故調査を進めていて、ユニ=ソヌだと知りました。スンヒを問い詰めると「自分で言うから、一日だけくれ」と懇願される。スンヒ、ソヌの首を絞めようとするが、さすがにそれは出来ず。喧嘩しても、一緒に育ったんだもんな。
ソヌ、うなされる中で、父と姉の記憶が戻ってきました。ユニとよぶテヒお姉ちゃん!会いに行かなきゃ。
そして、テヒもジェヒョクから真実を告げられます。感動の再会です。
これで、上手くいくかなあ?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ガラスの靴 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/633-d240b3fb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]