FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パーフェクト・リポート 5話

若手3人組はいい感じで「若くて素直」なんですよね。彼らの失敗は、記者なら皆がやったことがあり、誰かに叱られた経験のあること。だから、黄田にも上手く「先輩」として教えてやれることがある。
ただし、取材対象者の死というのは、蒼山自身のなかでも消化できてない。現実的な処理能力、クッション役、肩の力を抜かせるのが上手い黄田に、フォローをふったのは正しいと思う。蒼山は、力んでしまうという点では出世虫と似てるからね。
で、そんな蒼山を、観察しながら「鋭く内面に切り込んでくる」白石。彼にも色んな事がある。でも、「自分のおりあいのつけかた」と蒼山の決着の付け方は違って当たり前だし、違うべきだとも思っている感じ。
バランス取れたチームですよね。ドラマだから、キャラの割り振りでこうなるんだろうけど、この遊軍そしきしたキャスター君、なかなか優秀っすね。



あらすじ(公式から)
蒼山叶(松雪泰子)は、白石弘(小日向文世)に過去に関わった事件を指摘された。表面は平静を装う蒼山だが、心穏やかではいられない。

そのころ赤坂衆(小出恵介)は、政治部のころから追っていた、ある代議士の献金汚職事件を知る謎の男から内部告発の電話を受けた。
翌日、紫村健(小柳友)と共に、男と会う約束をした団地に向かった赤坂は、まるで想定していなかった形で男と対面する。なんと、男は団地の上から転落し、死亡してしまったのだ。

予期せず事故現場に居合わせることとなった赤坂と紫村は、現場からその模様をリポートすることになった。もちろん、CTN以外のテレビ局の姿はなく、完全なスクープだ。
複雑な心境の赤坂とは対照的に、初めてスクープ映像を撮影した紫村は有頂天となり、他の遊軍取材班の面々に自慢話を披露するが、周囲のリアクションは冷たい。特にカメラマンの黄田功(要潤)は、紫村の技術不足を「素人同然」と痛烈に批評する。

そのころ、蒼山は、黒井彰(平山浩行)から、男の転落に巻き込まれて重傷となっている10歳の女の子・佐伯優(菊池和澄)について調べるよう依頼される。
佐伯優は、事故現場とはほど遠い静岡県在住。親に内緒で、1人上京してきたようで、捜索願が出ていた。蒼山は、10歳の女の子が1人で上京した理由を探るため、彼女が入院にしている病院へと向かう。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| パーフェクトリポート | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6384-e33e3453

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]