FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グッバイ・ソロ9話

前に、途中まで見てリタイアしてたんだけど、Gyaoでやってるので続きを見ることにしました。
すごーくあらすじを書きにくい話なんですよね。人間同士の関わり方が、特別な距離感をもって書かれていて、それが文章にしにくい・・・。
今度はちゃんと最後まで見るつもり。あんまりレビューかかなきゃ!と気負わず、書いていこうと思います。

スヒが訪ねたのはジアンの家。お孫さん=妹ソンイの娘が危篤だと、連絡がきたジアン。移植しかない心臓病・・・。捨てたはずの家族ソンイに「自分の幸せだけが大事でしょ?だから、兄さんにはいわなかった。兄さんには期待しない」と言われる。父親が兄の身代わりになったことに拘ってる妹。ジアンは、両親の希望でそうするしかなかった自分の苦しみを語るけど、妹は「兄さんは家族に何もしなかった」という。ソンイの夫サンユンは「お前だけが悪いんじゃない。強気で生きないと生きられない」と理解してくれる。
ミンホにも、ミンホの両親にも嘘をついて、正体を隠していきてくるしかなかったジアン。悲しいねえ。「目をそらす勇気も、現実を見据える勇気もない。俺は、そんな人間だ」と語るジアン。父はジアンと距離をおく、送金も妹はうけとらない。ジアンもカナダで出会った夫婦の写真を「両親」として持っていたけど、それを捨てた。
ジアンは、本当の自分を誰かに知ってほしいんだろうね。

ミンホとスヒは改装の仕事をしたりして、なんとか独立して生活していくことを目指します。スヒはミンホにカメラをプレゼント。
でも、ジアンからの送金は続いてて、スヒはジアンにもう一度会う決意をします。でも、結局、待ち合わせ場所に手紙を残すだけにしました。「君に話すことがなくても、俺は話したいことがあった。君にはなせなかったことだ」って、すべてを話すつもりだったのにね・・・。ジアンはホントに、まもってくれる人がいないのが見てられない・・・。

スヒの携帯をこっそりみたミンホは、それがジアンからではないか?と思って、レイの住所をたずねます。

ヨンスクは、「病気の方がいいな。子供たちに会いたくて我慢するのが大変。見舞客が多いと病院の対応がイイらしいから、見舞いに来て」とハルモニにおねだりする。
なにげでミンホ兄との交流が上手い感じにすすんでいます。ミンホ兄が抱える悩みをヨンスクは聞いてくれる。謝ってばかりの母に「愛してる。感謝してると言われたかったけど、弟にばかり言ってた」とか話をして、「幼稚ですね」と自嘲するけど、「幼稚でいいじゃない」と笑うヨンスク。
しかし、ヨンスクのほうは過去の自分の幻影をみるようになっていく・・・。

離婚すると決めて、やっと話を出来るようになったミンホ両親。「なぜ彼が好きで、私は嫌いなのか知りたい」というミンホ父は寂しいね。

ミリとホチョル。ミリはホチョルの過去が気になって仕方ない。喧嘩しながらも二人は一緒に居ると活力が出てくる感じなんだよね。



あらすじ(公式から)
差出人不明のメールに記載された住所を訪ねたスヒ(ユン・ソイ)は、そこがジアン(イ・ハン)の実家だとは気がつかずに立ち去る。
妹ソンイの娘が危篤だとの連絡を受けたジアンは、つきつけられた現実に失望する。
謎めいた少女の姿をしきりに見かけるようになったヨンスク(ペ・ジョンオク)は、それが幼き日の自分の幻影であることに気づく。
一方、ミリ(キム・ミニ)はホチョル(イ・ジェリョン)の携帯の着信に残されたジスの番号に電話をかける。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| グッバイ・ソロ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6580-20ea02f5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]