FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パーフェクト・リポート 10(最終)話

黒井っていい上司だよな~。それぞれの個性を上手く見極めて、その適性に合った仕事をふっていく。蒼山のことだって、「フリーになっても記者を続けるだけの根性がある」と分かってるから、頼みを引き受けるんだろうし、上手く使ってるよね。やっぱ、こういう人は上に立つのがいい。一番、気に入ったキャラです。
ダメ記者たちに「記者根性」をたたきこむのは蒼山みたいなのがいいんだろうけど、その「ダメのたまりば」に蒼山配置したのも黒井だしなあ。かしこい男っていいよねえ。演じてる平山さんは検温やめて大丈夫なのかと思ってたけど、着実に仕事されてる様子でちょっと安心。
で、肝心の友軍チーム。こちらは、ドラマらしいバランスのとれたキャラクタ配置で、普通にたのしくみれました。日曜9時としては大事なことですよね。



あらすじ(公式から)
蒼山叶(松雪泰子)は、遊軍取材班の面々に2年前の女性殺人事件、並びに11年前の澤村成美(中村真知子)殺害事件の取材を打ち切るよう伝える。伊崎早苗(小林涼子)への取材後に、彼女が襲われた件で、蒼山は謹慎となったのだ。納得のいかない遊軍メンバーは、黒井彰(平山浩行)を問い詰めるが、「手を引かなければ処分が下る」と取り合ってもらえない。

謹慎となった蒼山だが、その命令に黙って従うことなく単独で取材を続けていた。早苗の見舞いに訪れた蒼山は、そこで意外な人物に出会う。澤村光輝(木村了)だ。澤村は、ニュースを見て自分と同じ境遇の早苗を心配し、見舞いに来ていた。当初、警戒心の強かった早苗の姉・素子(村川絵梨)も、澤村から蒼山の人柄を聞き、心を許すようになり、最近の早苗の様子を話し始める。

一方、突然の取材打ち切りに不満たらたらの遊軍メンバー。冷静な白石弘(小日向文世)から、取材を続けることのリスクを説かれるが、ワシントン行きを目前に控えた赤坂衆(小出恵介)を筆頭に、取材を続けることを決意する。会社には休暇届を提出し、馴染みの喫茶店を"前線基地"に見立て、唯一の手がかり"太陽のキーホルダー"を、蒼山仕込みの"しらみ潰し"に調べ始める。取材を続けることに否定的だった白石も加わって…。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| パーフェクトリポート | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6651-e53584d3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]