FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

獣医ドリトル 9(最終)話

バルザックの手術はとりあへず成功。兄は父に反発し、自分なりの獣医としての生き方を模索する。弟は獣医として生きるべきかどうかということを考える。
ドリトルは、金も受け取らずに病院つぶした父親への反発から「ビジネスとやる」という方針だし、親子問題を軸にして、この兄弟と一応はリンクしてる。弟君は、獣医の父が嫌でそのストレスを動物にあたることで発散してた。バルザックが怪我して始めて命を実感し、自首。
土門会長は、なんと唐突に父親が意識を取り戻して、和解。このへんはホント無理があった。
伝染病の犬のことは、本日五時までに受け入れ先を見つけるという「譲歩のようで無茶な条件」を突き付けらる花菱たち。でも、獣医師会の妨害で結局は受け入れ先が次々につぶされていき。安楽死処分となる。
全部にもう一度チェックをかけて、感染してないものだけを処分することにするドリトル。っていうか、ここには花菱先生を同席させて欲しかったな。結果は全滅。
理性では「感染症を広げないためにも殺処分するのも獣医師の仕事」と分かってても辛いよね。
こっちには、ちゃんと花菱先生が立ち会って、手伝ったのでホッとした。逃げる人じゃキャラ崩壊だもんね。ギリギリで、教授の研究費辞退や兄弟の説得もあって土門会長がギリギリで受け入れを認めてくれた。
アフリカは花菱が行くことにしたみたい。ま、内科的処置だから花菱向きの仕事なのね・・・。



あらすじ(公式から)
土門家の愛犬・バルザックを抱え、順平(菅田将暉)が鳥取動物病院に駆け込んでくる。
土門親子の揉め事に巻き込まれ、大怪我を負ったバルザックのオペは難易度の高いものだった。
鳥取(小栗旬)は、順平に手術費を払うよう父・土門総院長(國村隼)に確認をさせるが、土門はバルザックの安楽死を順平に勧める。父の言葉に落胆してしまう順平。
そこに、順平と土門の会話を聞いていた勇蔵(笠原秀幸)が鳥取動物病院にやってくるが…。

一方、花菱(成宮寛貴)は、感染症にかかった犬20匹を安楽死処分するという全日本獣医師会の決定から犬たちを救おうと奔走していた。
全日本獣医師会会長・土門が犬の安楽死執行まで花菱に与えた時間は、その日の夕方4時まで。
夕方4時までに感染症にかかった犬の受け入れ先を見つけられなければ、犬たちは安楽死処分されてしまうことになる。
花菱は必死に受け入れ先を当たり、交渉をするのだが…。

ペットの安楽死をめぐる土門一族との対決、動物虐待の意外な真犯人…数々の問題に鳥取はどう立ち向かうのか!?
そして、アフリカの野生保護獣医師チームから緊急の応援を要請されている鳥取とあすか(井上真央)との結末は!?
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 獣医ドリトル | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6652-61bc0a71

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]