• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

初恋5~8話

5話
「俺が稼いでやるからがんばれ~」って言ってくれる友達、いいやつだよね~。
弟の説得でやっと美大受験を決意したチャンヒョクだが、ヒョギョンはソクジン父の葬儀でソウルに行き、その決意をなかなか伝えられない。
チャンウは、遊びからもぬけて仕事三昧。
チャンオクは、映写技師ヒョンテにだまされて連れ出され、襲われる。殴って逃げ出したが、ひどく殴られていた。
出かける姿を街で見かけたチャンウが探し回るが、どこにもいない。やっと帰ってきたヒョギョンと愛を確認するチャンヒョクを見てしまっただけだった・・・。

6話

チャンオクの様子に怒りを抑えられないチャンウ。チャンヒョクは二人だけの胸にしまい、姉には「悪い夢を見た」といって励ます。
だが、チャンヒョクは一人でこっそり映写室に行ってヒョンテボコボコに。流石、スジョン兄貴、強いっす!!しかし、映写が止まってしまって、会社の人間に捕まってしまいます。助けに来たチャンウがとにかくチャンヒョクを逃がします。しかし、素性がばれてしまい、自宅に「チャンヒョクを出せ~」とチンピラが・・・・さらに、「二度目かよ」ってことで、父の立場は最悪。
チャンヒョクは「逃げるしか手がないから、父さんと姉さんを守れ。お前が大黒柱だ」とチャンウにつげ、ヒョギョンにも別れをことづけます。
しかし、探し回ってたヒョギョンはなんとか逃げ出す前に隠れ家に・・・。しかし、辛くなるからって会わずに逃げ出してしまったチャンヒョク・・・。

7話

ヒョギョンはチャンヒョクからの連絡をずっと待っています。交際してた人だからって両親に頼みこもうとするが、チャンウは「もっと複雑な状況になる」と止めます。たしかにねえ・・・。おじさんに頼んじゃって、チャンウがボコボコにされてたし・・・。
父は弱った体で仕事をさがし、姉は自分を責め続けている。チャンウは本気で勉強して、家族を支える人間になろうと決意します。
ソクジン母は、会社の管理もあるし、ヒョギョン一家をソウルに呼び寄せることにしました。
ソウルのチャンヒョクは肉体労働で頑張ってます。

8話

最後までチャンヒョクのことばかりのヒョギョンに、チャンウは兄から届いた手紙を渡せなかった。嫉妬なのか、それとも関係がこじれるのを心配したのか・・・。
ドンパルつい口を滑らせて、ジンジャに居場所をばらしちゃいます。彼女からもれるとヤバイんだけど、ジンジャはちゃんと秘密にできるかな?と、思ったら「母親が再婚する」ってんで、ドンパルを尾行してソウルに行っちゃったよ・・・。



あらすじ(公式から)
5話
チャンヒョクはヒョギョンの家に向かったが、すでに一家はソウルへ発っていた。そのうえ、彼は父に美大進学の決意を言えないでいた。
6話
チャンヒョクとヒョギョンは、互いの気持ちを確認し合う。一方、身も心も傷つけられたチャンオクを見た兄弟は、怒りを抑えられず…。
7話
チャンウはチャンヒョクの行方を探るワンギの部下たちに付きまとわれていた。しかしソン一家もまた、彼の行方がわからないでいた。
8話
ヒョギョンがソウルへ引っ越す日、チャンウは兄の居所を書いたメモをヒョギョンに渡せなかった。そして、車を必死に追いかけるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 初恋 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6676-6a0c65ea

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。