• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

千秋太后76話

テレ朝はカットの都合で総話数を変えてるので、この辺からあらすじと話数があわなくなりますね。
奇襲作戦は失敗。でも、テ・ドスはかっこよかったね。
カン・ジョはなんとか命を保ち、「その勇気に免じて、兵士百人きりができたら、助けてやる」と言われます。が、流石にここまで戦い尽くしてますから、死力を振り絞っても一斉攻撃で戦死してしまいました。

開京を焼き払って顕宗の追撃が再開されます。遅れて開京入りしたスは槍にもたれかかったまま息絶えたカン・ジョとご対面。このシーンは泣けました。

逃げる顕宗のほうは「私たちは足手まといになるので・・・」と言いながら、味方がどんどん離脱していく始末。皇帝を捕まえて降伏しようなんていう地主まで現れますが、カン・ガムチャンが抑えました。

契丹は軍を二分して追撃したので、皇帝から離れた宮主たちもピンチに!!スが窮地を救います。「私怨で延興宮主や大臣どもを見殺しにしたりはしない。でも、助ける気もない」と、さっそうと皇帝のもとへ去っていく将軍らしいスがかっこよかった。

顕宗が契丹軍に見つかりそうになり、内官が影武者になって顕宗を逃がそうとするのですが、忠州宮主が「これは皇帝ではありません!」とか言い出します。ホント、屑すぎです。スが弓で忠州宮主を一撃必殺。スッキリ。



あらすじ(公式から)
76話:敵地に散った大望
鎬京城の高麗軍は、カン・ジョを救出するため契丹に降伏するふりをして奇襲をしかけるが、タク・サジョンとチェ・サウィの裏切りにより作戦は失敗に終わり、テ・ドスが捕らえられてしまう。その頃、契丹軍が開京に攻めてくるという知らせを受けた顕宗は、やむをえず都を出て避難することを決める。一方、牢で再会したカン・ジョとテ・ドスはひそかにある計画を立て聖宗に降伏を申し出るが…。
77話:皇帝を救うために
カン・ジョの遺体を抱き、救ってやれなかったことを悔いるスは、悲しみに暮れながらも契丹に追われる顕宗を救うため急いで馬を走らせる。その頃、山中を進んでいた顕宗の元に契丹軍がすぐそこまで迫っていると知らせが届く。危機を脱するためやむなく契丹軍に使いを送るが、聖宗は使者を投獄してしまう。一方、二手に分かれて逃げていた延興宮主と元貞皇后も敵に囲まれ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 千秋太后(チョンチュテフ) | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6710-0fcd2a3e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。