• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

龍の涙 112話

バンウォン、「俺も年老いた」って言いながら19歳の尚官に手をつけるとは・・・。自分の側室選んじゃってるじゃないか。まずは太子の嫁選びって時に・・・。
太子も、すっかり馬鹿殿っていうか、駒でしかない自分に飽いている感じですね。
最近、なぜか遭遇率の高いイ・ミヌ(イ・ミンウともひょうきされることあり)さん。嫌味のない顔で王族顔といえばそうなんだけど、ちょっと間抜けっぽさがあるんですよね。私は、そういう顔好きなんですが、これから辛い人生を送る太子なので、ちょっと可哀そう。


あらすじ(公式から)
イ・スクポンはミン兄弟の勢力が大きくなっていくことについてバンウォンに忠告。一方のミン兄弟も、イ・スクポンの娘が太子妃になるのを阻止するため、キム・ハルロの娘を支持する。勉強に身が入らない太子 譲寧(ヤンニョン)は、太子付きの内官(ネグァン)ノ・ブンから友人のイ・オバンという遊び人を紹介され、興味を持つ。その頃、明(みん)の使臣から、皇帝の姫を太子妃にするという案を聞かされたチョ・バクは…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 龍の涙 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6734-66f8c59a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。