• 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

みんなでチャチャチャ61~65話

スヒョンには、ちゃんと「かっこよくて有能」な彼が用意されてましたね。よかった。ギョンヒョンは、アメリカ帰りで少し遠慮がなさすぎではあるけれど、アニメと言う共通の夢もあるし、互いに才能を認めあえる相手っぽい。その上、ハンより頼りがいがあってかっこいい。しかし、何も知らずに「ハン君は声優としてどうですか?」なんて聞くから、ドキドキしちゃったよ。スヒョンは「トーンを正確に使えるから、キャラクタが生き生きします」とプロとして意見をのべてたけど。
で、大きな問題になりそうなスヒョン実父問題。いまのところ、一番の問題はナユンがジヌと交際を始めてしまったことなので、こっちに問題が移ってますね。
ジヌからしたら「なんで待てないの???」だし、ナユンからしたら「ジヌが会社でまずい立場になるならあきらめる。簡単に離れることを決めたのは、思いが弱いから」と感じるみたいだね。


あらすじ(公式から)
61話
スにそっくりな男を見かけたドンジャは思わず駆け寄り、ハン・テスではないかと食いさがる。だが、そう言われた男は、自分はカン・シヌクだと名乗り驚いた顔をしている。ドンジャは、この男がジヌの話していたテスにそっくりな会長かと思い引きさがる。一方シヌクは、ジヌの叔父ハン・テスに自分がそっくりらしいと自覚するのだった。彼がウネにそのことを話すと、ちゃんと身分証があったのだから心配する必要はないと言われる。ジヌはナユンに、家族のためにもインドに行くつもりだと告げる。ドンジャがユニコーン製菓からの帰りにカーセンターへ立ち寄っていると、そこへミン・ギョンヒョンが現れる。彼は2階のジュヌを訪ねてきたのだった。ギョンヒョンはジュヌの後輩で親しい間柄だった。そこへ母を訪ねてスヒョンもやってきた。ギョンヒョンと顔を合わせたスヒョンはつっけんどんな態度を取る。だがギョンヒョンを見たドンジャは、いい男だから付き合えばいいとスヒョンに言うのだった。イ家での新婚生活を始めたジンギョンだが、ジョンスクの作ったキムチを落としてダメにして、ひんしゅくを買う。だがドクスは、ジンギョンの実家でハンと二人で1泊してくるように気遣うのだった。一方、チョルとの婚約に向けての両家の顔合わせを控え、ナユンはジヌのインド行きを引き留めようとする。
62話
インド行きについて、ジヌが最も悩んだのはナユンのことだった。ナユンに会えないのはつらいが、簡単に決めたわけではない。自分を信じて待っていてほしいと言うジヌに、ナユンはインドに行くということは別れることだと言って、その場を立ち去るのだった。そのままナユンは社長室に行き、ウネにインド行きを取りやめてほしいと懇願。だがジヌを引き留められなかったのだから、あきらめて両家の顔合わせに出ろとウネは言う。出席しなければジヌが困ることになると、さらに脅しをかけるウネ。シヌクもジヌが自分で選択したことなら、口出しはできないと言うのだった。ユンジョンはジンギョンたちの結婚式に出席してくれた件と、スヒョンが世話になっているということで、ジュヌに対しお礼のネクタイを贈る。ユンジョンからのプレゼントにジュヌは大喜び。そして彼は二人だけの時はお互い名前で呼びたいと言うのだった。ドクスとジョンスクは顔合わせの席へ出かける。シヌクとウネ、チョルも現れるがナユンが来ない。
63話
チョルたちはナユンが現れないのではと不安になるが、遅れてナユンが現れた。なんとか顔合わせは無事済んだが、ドクスは笑顔を見せないナユンが気にかかるのだった。家に帰ったナユンを、ウネは態度が悪かったとなじる。だがシヌクは、つらい気持ちを押して顔合わせに出席したナユンをかばうのだった。会社でジヌとすれ違ったチョルは、ナユンとの結婚を前提に両家の顔合わせをしたと、勝ち誇ったように告げる。チョルは、ナユンのことを思うならきれいに別れろとジヌに言う。だがジヌはナユンの口から聞くまで別れないと答えるのだった。一方、傷心のナユンを心配するシヌクに、ナユンはジヌを忘れてみせると言う。そしてジヌの幸せのためにチョルとの結婚を選んだと話し、今後ずっとジヌを社内で優遇するよう父に頼むのだった。ジヌはナユンと連絡を取ろうとするが、ナユンは電話に出ない。その頃、顔合わせから家に戻ったドクスとジョンスクは、食べっぱなしで散らかり放題の部屋を見て唖然。ハンたちの部屋へ行くと、二人が仲良くベッドで昼寝をしていて呆れてしまう。ジョンスクに怒られたジンギョンだが、逆に黙って部屋に入ってきた叔母ジョンスクをとがめてしまう。
64話
ドクスからイ家の行事リストを手渡されたジンギョンは、親戚の誕生日や法事の多さに驚き気が重くなる。翌日、会社でようやくナユンに会えたジヌは婚約の件を尋ねる。ナユンは事実を認めた上で、「これが先輩にできる唯一こと」と言うのだった。ウネに呼び出されたナユンとチョルは、早速、婚約式用の指輪を見に行くように指示され、店へ行き指輪を選ぶ。カーセンターでは、ジュヌがネクタイをうまく結べないと言ってユンジョンに締めてもらおうとやってきた。そこへギョンヒョンが現れるが、ジュヌたちの様子に、彼は二人の関係を察するのだった。指輪を買って家に戻ってきたチョルとナユン。するとウネは婚約式を来週の土曜日に決めてしまっていた。婚約するというのに暗い顔をするナユンが気にかかるシヌク。彼はチョルに対し、悩んだ末にチョルを選んだナユンを理解して後悔させないよう尽くしてほしいと頼むのだった。
65話
カーセンターに車の修理に来ていたギョンヒョンは、ジュヌからスヒョンの家庭の事情を聞く。そしてユンジョンに思いを寄せるジュヌを後輩として後押しするつもりのようだ。カーセンターで出前を取って皆で食事をした後、ギョンヒョンはスヒョンとユンジョンを車で送っていく。イ家では、ジョンスクの作ったキムチをダメにしてしまったことで、ジンギョンが一人でキムチを漬けることになった。だがキムチを漬けたことのないジンギョンは、母ドンジャに応援を頼む。指輪を選んで家に帰ったチョルにドクスは、今度ナユンを家に連れてくるようにと言う。翌日、ドンジャはこっそりとイ家にやってくる。ドクスとジョンスクは外出中だ。うまくキムチ漬けを仕上げたところで戻ろうとすると、ジョンスクが帰宅。ドンジャが手伝いに来ていたことがバレてしまう。ユニコーン製菓ではジヌの出発が来週の土曜日に決まった。ナユンの婚約式と同じ日だ。同じ頃シヌクはウネに、ジヌをできるだけ支援することがナユンのためになると諭していた。ナユンは婚約式のドレスを選びに行く。一方、ナユンともう一度話をしたいと思ったジヌはナユンの家の前まで行くが・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| みんなでチャチャチャ | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6786-7f590c6d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。