• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

憎くてももう一度22話 2人の父

ミンスは「だましあい、憎み合う家になど戻らない」というが、アトリエを母が処分したと聞いて「父の存在を消すつもりなのか?」と抗議する。

ヘジョンは秘書をつかって、ユソクがアメリカで成功した画家と吹き込み、転職を進めようとする。真実で会長を傷つけるなというジョンフンに、「隠してた自分を正当化したいだけでは?」と責める。ヘジョンは「あなたの心変わりが私を変えた。会長だって、元カレを思って心で不倫してたと暴露する」という。
ジョンフンは「あなたが彼女を救えたのは30年前。戻って来いと言ったのに戻ってこなかったのはあなただ。遅すぎた。ヘジョンが黒幕だと知ったら、どんなにショックを受けるか・・・」とユソクに話す。

ミョンインはユソクをミンスに合わせるが「逃げた卑怯者」と父を軽蔑するミンス。ユソクはやはり自分は姿を消そうとするが、ミョンインに「逃げるくらいなら現れるな」と責められる。それでも「愛してる」というのね。こんな男のどこがいいのかねえ。とはいえ、消えてほしいのは変わらないみたいだけど。



あらすじ(公式から)
ユソクが生きていることがミョンジンの社内で噂となり、事実を隠しきれないと悟ったミョンインは、ミンスを呼び出し実の父ユソクと対面させる。ショックを受けたミンスは、ふたたびユニに救いを求める。ミンスとユニの距離は縮まったかに見えたが、ユニの心は揺れ動くばかりである。
一方、息子ミンスとの対面でショックを受けたのはユソクも同じだった。だがこのことがきっかけとなって、ユソクは自分の立場を冷静に受け止め、ふたたび姿を消すことを決断するのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 憎くてももう一度 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6826-fa65242b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。