• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

王と妃13話 明への使者

王、首陽君を厚遇しているように見せながらも、「だれも信用してはならない」というのを分かってはいるのね。自分が信頼を表せば、首陽君は王を裏切れないということを考えている。
バランスを取る意味で、朝廷の方にも何か手を打たなきゃならないんだけど、ちょっとバランスが悪いかな~。

ハン・ミョンフェは「首陽君は人を圧倒するが、ひきつける力がない。しかし人格は変えられないので、名分を作って時を待つ」と考える。



あらすじ(公式から)
宮殿では首陽を罰すべきとの声が影を潜め、事態は首陽に有利に傾きつつあった。だがそれは安平大君らを警戒させることをも意味していた。都は混沌としていたが、そんな折、首陽は端宗即位を認める、明の皇帝の勅書を受けるために、明への使者役を志願する。明行きが成功を収めれば、首陽は一気に内外の信頼を得ることになる。イ・ヒョルロは安平にも使者志願を勧めるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| オー!マイレディ | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6863-bb7b031c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。