• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

BSフジ10周年記念ドラマ「ひとりじゃない」3話

ウィルチェアラグビーとの出会いで、自分にも可能性があるということを感じ始める。手が不自由だから、バスケは無理。でも「障害者だってぶつかっていい」というのは、すごく衝撃的だった。老人の「あれをやったからコレをだめという考え方はダメ」というのも、厳しい時代を生きてきたひとって感じで背中を押す。「出来ないことを数えるんじゃなく、出来ることを数える」という風に、すでに前向きに変わっている人もいる。
そんななか、幸子はたびたび見舞にやってくる。「関係をどうやって説明すべきか」って問題がある。「親戚のおばさんよりはお母さんっていってほしいな」という幸子に、「母親の代わりはできないよ」という祥平。
自分が起こした交通事故で家族が死に、生き残った子が死のうとするのを、必死で止めた患者さんを見る。「死のうとして見たことで何が変わったか?」という問いに、「こうして出会えた」と祥平は言う。そして「恋人だ」と幸子を同室の彼に紹介した祥平。
幸子は、友人に会いに行って「離婚しようと思ったのはどんなときか?」と尋ねる。「小さいことの積み重ねだからねえ。それに、男が出来ちゃったから」って・・・。離婚したら、男にも冷めてしまって、子供と暮らしてるっていう。祥平のことを好きなのかどうかハッキリしない幸子。「たまたま迷いを共有してる」って感覚しかない。

幸子は障害があると言われた赤ちゃんを堕胎するかどうかで夫ともめ、結局は流産。そのときホッとしたから「本当は死んでほしかった。私が殺した」と思ってる。「一緒に生きようと言われた時、あの子に言われてみたいだった。でも、私の子じゃない。私、祥平のこと好き。でも、あの子の代わりなのか、男として好きなのかは分からない。」という。祥平も「俺も分かんない。分かんなくていいよ。好きなものは好きだもん」っっていう。

祥平の父は、店を売り出し、回転すし屋で働き始めたけど、かなり滅入ってるね。相手の男性からの見舞金も拒否してる。弟はせっかく決まった就職先の社長が自殺して、就職がなくなってしまった。家族も、自分の無力さを感じてる。ハッキリと努力目標があり、一つ一つ課題をクリアしていく立場の祥平と違って、先が見えないってのが辛いね。



あらすじ(公式から)
入院中の祥平(浅利陽介)をたびたび見舞うようになった幸子(森口瑤子)。2人で過ごす時間が長くなり、祥平は相部屋の仲間に幸子を彼女だと説明するが、幸子は祥平の本当の気持ちや自分の気持ちが分からずに悩む日々を送る。そして、心に傷を抱える那美(新川優愛)は辛いリハビリに耐える祥平たちの姿に少しずつ気持ちを動かされ始めるも、相変わらず学校で孤立する日々が続いていた。
 そんなある日、祥平の病室に、なんと幸子の夫と名乗る人物(矢島健一)が訪ねてきた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6892-9fc10162

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。