• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

隠密八百八町3話金の亡者たち

土曜時代劇の廃止が決定しました。BSでは継続するということなので、制作そのものが中止されるわけではないのですが、予算は削られるんでしょうね~。時代劇を作るノウハウが失われていくのが残念です。アイドル使ってもなんでもいいから、時代劇を作り続けてほしいんだけどなあ・・・。時代劇なら、何度でも再放送可能だと思うし、予算もそれで回収できそうなんだけどなあ・・・。

源兵衛さんがなかなか面白いキャラっすね。
饅頭の下に小判とか、べたべただけどまあいいんです!!
材木を買い占めて高値で売って、老中に上納という流れが見える。老中・水野は大奥で子が生まれるので、老中も苦労して資金繰りしてるらしいが、おこぼれもあずかってるって感じかな。
「高値で売る」ためには、材木が必要な状況を作るために、火事を起こすという計画が見えてくる。



あらすじ(公式から)
 ある夜、おとき(釈由美子)たちの出入りしている孤児院「杉の家」を支援している材木問屋「重政」の主人政吉(螢雪次朗)が襲われる事件が起こる。幸い傷は浅手で済んだが、政吉の表情は暗い。直前の寄り合いで何かあったのではと早速おときと春之丞(宝海大空)が探りを入れる。同じ頃、又十郎(舘ひろし)の姉、千景(仁科亜季子)の嫁いだ御菓子屋・栄華堂では、厨房の改装工事が進んでいたが、突然大工が工事をストップする事件が起こる。棟梁が言うには、材木が高騰し見積もりどおりの予算で工事が請け負えないというのだ。激怒する千景。そんな時、伴内(石倉三郎)が現れ、楽翁(平幹二朗)から、「材木の高騰のからくりを調べよ」と指令が伝えられる。隠密組は初仕事として動き出す・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6893-178db2c0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。