• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

LADY~最後の犯罪プロファイル 4話

結城さんは、香月祥子の父の教え子だったんだ。で、火事でなくなったんだけど、結城は「放火」だと思っていて、情報漏洩の恐れがある。ユースケさんは、それを調べるために傍にいるのか・・・。
この件くらいしか興味がわかないんだよな~。早くこの件を明らかにしてくれれば、リタイア出来るのに~。
相変わらず香月は別にプロファイリングなんてやってないし・・・。イタコ状態になるだけなら、プロファイラーよりも霊能捜査官をパクった方がマシだったんじゃないかと思うなあ。
期待した柳楽くんもテンプレ演技を要求されてるのかなんだかしらないけど、イマイチだった。それでも、北川さんよりは演技良かったけど・・・。最後に「あ、狂ってるフリしてるだけっぽいな」と思わせる表情をしたときとかは、柳楽くんの良さが出てたと思います。
プロファイリングものってアメドラで沢山見てる上に、日本のドラマも刑事ドラマばっかりになってるから、レベルの差が凄く気になりますね~。パクリ方の上手い下手って、本当にあるんだな~。



あらすじ(公式から)
翔子(北川景子)たちCPS(犯罪行動分析室)の面々は犯罪者のデータ収集目的として、死刑囚の巽聡史(柳楽優弥)と面談を行うことになる。
巽は17歳の誕生日に初めて人を殺したのをきっかけに7人もの命を奪った凶悪殺人犯で、5年前の事件当時、日本中を震撼させた少年犯罪者だった。

面談は3回行う予定で、CPSのメンバーからその都度二人が会うことになり、1回目の面談はチーフの結城(木村多江)と翔子の二人が会い、寺田(要潤)と新堀(平岡祐太)は別室のモニターでの立会いとなる。
面談に現れた巽はIQ140の天才と言われるだけあり、鋭い洞察力と高い思考力の持ち主で、自分の事をプロファイリングしようと質問してくる結城と翔子の二人を逆に翻弄。
面談の前日に起こった殺人事件の犯人像のプロファイリングを披露してみせ、翔子たちを驚かせる。巽は終始自分のペースで面談を進め、自らを「生まれながらのモンスター」と言い放つと、一方的に面談を終わらせてしまい、更に去り際に「次は“92”“73”」という言葉を残して立ち去ってしまう。
翔子は巽が想像以上に手強い相手だと判りつつ、巽の心の闇を知りたいと、強い関心を抱く。

一方、柘植たちは巽が面談で話題にした殺人事件の捜査に当たっていたが、2件目の事件が起こり、CPSも捜査協力に加わった。
2件目の殺人現場に赴いた翔子は現場検証で巽が言っていた“92”、“73”という数字を発見し、戦慄を覚える。巽には犯人が見えているのだと悟った翔子は面談で数字の解読を聞き出そうと提案するが結城が強く反対する。
翔子と寺田は事件のことには触れずに面談を執り行おうと試みるが、そんな翔子に巽は亡くなった翔子の父親の話を持ち出し翔子を激しく挑発する。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/6948-4c18b0cd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。