• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

LADY~最後の犯罪プロファイル 5話

いつもおもうけど、まったくプロファイリングが犯人逮捕の役にたってないよね~。かろうじて、データ解析の新堀が役に立ってるかな~って程度。香月のは「現場にたつと犯人の心が見える」って、それって「刑事の勘」って範囲を出てないし、犯人の絞り込みにも活用できてない。
だから警視庁内で信用されないのも当たり前って感じで、まったく「頑張れ」って言いたくならない。
柳楽くんが「モンスターっぽく振舞ってるだけ」ってのは、前回一瞬だけ普通の顔をしてるから予想出来たしなあ。で、最後は人情ものにもっていくのかよ。もう脚本がダメダメすぎる。



あらすじ(公式から)
CPSに柘植(ユースケ・サンタマリア)から幼い少女の誘拐事件が起こったと連絡が飛び込んでくる。
誘拐犯のプロファイリング依頼と思いきや、事件は単純な営利目的の誘拐事件ではなく、誘拐犯が少女を人質に、なんと死刑囚の巽聡史(柳楽優弥)が行った全ての犯行の解明を要求してきていると聞かされ、翔子(北川景子)をはじめCPSの面々は愕然となる。
誘拐犯は警察に対し、巽には犯行がまだ明らかになっていない殺人事件があると主張しているのだ。翔子はもう一度巽に会わせて欲しいと言い出すが、結城(木村多江)も柘植も巽に会うより誘拐された子供を救うことが先決だと翔子の提案を却下。
CPSの面々は誘拐事件の対策室へと急行する。結城は柘植から犯人とのネゴシエート(交渉)役を任され、誘拐犯からの電話に応対。誘拐犯は結城にある日血の着いた服を着ている巽と遭遇し、その日以来、帰って来ない人物がいると主張。結城は対話から誘拐犯の素性を探ろうと試みるが、上手く誘導出来ず、逆に誘拐犯から警察が事件の解明に動かないなら2時間後、直接巽と対話させろと要求され、要求に応じなければ子供は殺すと言い放たれて電話を切られてしまう。

一方、巽との面会を結城たちに却下された翔子は納得できず、一人で勝手に拘置所を訪問し、巽と面談を行う。
頭の良い巽は翔子との対話から、また外で自分に関わる事件が起こっていることを察知。翔子に事件の捜査に協力したいと言い出す。
結城は翔子が巽と勝手に面会し、しかも事件の詳細を話したことを非難するが、柘植は翔子の言葉を信じ、巽と誘拐犯を対話させるよう取り計らうことにする。
巽は翔子や寺田(要潤)の立会いのもと、誘拐犯からの電話に応対するが・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7013-9a90eeb3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。