• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

バーテンダー1話

公式
原作があるからストーリーは破綻してないんですよね。味をテレビで表現するのって難しいですよね。本当に美味しいかどうかって、テレビでは伝えられないから、今回みたいに、裏付けやウンチクで補填していく形。これは漫画も同じだから、原作をチャンと活かせばいけるのかな~。

でも、やっぱり相葉くんは演技むいてないよね。貫地谷さんがなんとか演技で支えてるけど、バーテンシーンが「相葉くん、緊張してるな~」って伝わってきてしまった。アラサーの相葉くんだから、成長物語としても「新人」にするわけにはいかないんですよね。下手くそでも「新人の成長物語」だと、ヘタさが上手く作用するんだけどなあ~。
金曜ナイトドラマは見たりみなかったりなので、継続視聴するかはわかりません。



あらすじ(公式から)
 雑誌記者の来島美和(貫地谷しほり)が祖父・来島泰三(津川雅彦)から"神のグラス"について聞いたのは1年前のことだった。「バーテンダーはカウンター越しに向き合った客を決して裏切らない。そして、その中でも選ばれし者だけが、道に迷い、孤独に傷つき、行き場のない魂を救う究極の一杯を作り上げることができる」――祖父の言葉はその後、美和の心にずっと引っかかっていた。

 1年後――。美和はジャパンカクテルコンテストの会場へと足を運んでいた。目的は特別ゲストであるバーテンダーに会うこと。そのバーテンダーとは、パリのラッツホテルで腕を振るう佐々倉溜(相葉雅紀)。日本人で初めてヨーロッパのカクテルコンテストで優勝した天才バーテンダーだった。この人ならきっと究極の一杯を作れるはず――溜にずっと目をつけていた美和の心は躍っていた。ところが…。当日会場に現れた特別ゲストはまったく別のバーテンダーだった。溜はラッツホテルを辞めて行方不明となり、急きょ特別ゲストが変更になったらしい。ようやく会えると思ったのに…。落胆した美和はその夜、馴染みの定食店「さくら食堂」へ。そこで彼女は思わぬ人物と出会い頭にぶつかる。その相手はなんとずっと捜し求めていた溜だった! 美和は思わず溜に抱きつき、カクテルを作ってほしいと頼む。ところが、溜は「ごめん。俺、もうバーテンダーじゃないから」と言い、その場を去ってしまう。

 翌日、美和は溜がバイトしているという酒販売店を訪ねる。美和は昨晩ぶつかった時に壊れたメガネの弁償として、溜にカクテルを作らせることに。溜はしぶしぶ了承したかと思うと、いきなり外へ飛び出した! やがて、発砲スチロールの箱を手に戻ってきた溜は箱の中の氷を使い、鮮やかな手つきで一杯を作る。しかし、それはカクテルではなく、水割りだった。お酒の味も分からないような小娘だとバカにしているの…!? 美和は思わずカッとなるが、口に含んだ瞬間、その味わいに愕然となる。「これって水割りじゃない。水割りという名のカクテルだ…」

 溜の腕を確信した美和は翌日、彼を祖父・泰三に引き合わせることを決意。その日泰三が行くことになっていた馴染みの老舗BAR「ラパン」に溜を呼び出し、カクテルを作らせる。ところが泰三は、杉山薫(荒川良々)や三橋順次(光石研)ら店のバーテンダーたちが作ったカクテル同様に、溜が出した一杯を「まずい」と斬り捨て…!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7014-3e3fec20

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。