• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

江~姫たちの戦国5話

もう無理。脱落しそう。江の資料はあまり残ってないから、どう創作したっていいとはいえさ~。
信長が明智をいじめたのは、「もっと大胆に常識にとらわれずに生きよ」というメッセージだったんだけど、あんな姑息ないじめじゃな~。
「首、髪の毛一本も残すな」の蘭丸とのシーンは良かったね。これが、信長の神秘性と、明智の失敗の元だしな。

で、家康に「ちょっと京にあそびに行かね~」と誘われる江。本能寺のときは堺に。
さらに、信長様が死の直前に「妄想の江」を観る。そんなの有り得んだろ~。息子たちのこととか無視かよ~
そして、一緒に逃げることになる江。馬に乗れるようになった~!と思ったら、妄想の信長様が「好き勝手生きよ」といってくれる。これで、もうなにしても許されるヒロインとして信長様の認定済みですか?



あらすじ(公式から)
天正10年(1582)5月、江(上野樹里)は信長(豊川悦司)に二度と会わないと母に宣言したことを悔んでいた。もう一度伯父上に会いたい。そんなとき、家康(北大路欣也)から招待を受け、信長との再会のため、江は京に向かうことになる。
 江は家康につき従い、宗易(石坂浩二)とも再会し、信長が京を訪れるときを待ちわびていた。
 一方、明智光秀(市村正親)は、信長に領地を取り上げられ、秀吉(岸谷五朗) の配下で毛利攻めに加わるよう命じられる。
 そして迎えた6月2日未明。光秀はついに信長への謀反ののろしを上げる。「敵は本能寺にあり!」、1万3千の軍勢が、本能寺を包囲。信長は最期の時を迎える。
 江は京へと向かう道中、騒ぎを聞きつけるが、信長の死の知らせを信じられない。それでも、明智方の追っ手から逃れるため、家康と共に決死の伊賀越えへと向かうことになる。
 その途上、馬上で身動きがとれない江は野武士に囲まれる。絶体絶命の危機。そんなとき、江のそばに信長の姿が現れる
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7024-62cd8781

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。