• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

王と妃27・28話

ややこしくなってきました。韓国時代劇に特有の三つ巴ってやつですね。キム・ジョンソが両者を上手く使いながら、王族の目をつぶそうとしているのは確かなこと。しかし、首陽と安平は「先王の弟」という同じ立場ですから、まずはどっちかが脱落するという争いを済ませなければならない。
この緊迫感は凄いですね。安平の方は、「王まで殺さなければ」というヒョルロにたじろぎながらも、引きずられるように決意してしまいます。
でも、命日に王は宮殿に帰り、その機会をとらえた首陽の懇願で、情勢は一変。ヒョルロが地方へ飛ばされることに・・・。


あらすじ(公式から)
27話 覚悟を決める両陣営
イ・ヒョルロから吉日を知らされ、ついに覚悟を決めた安平は端宗に首陽が謀反を企てていると告発する。さらにキム・ジョンソのもとを訪れ、力を貸すよう要請する。間者によって決行日と計画の全貌を知ったハン・ミョンフェは先手を打って挙兵するよう首陽に進言。一方端宗の寧陽尉行きで安平やキム・ジョンソから無視された恵嬪は息子を首陽のもとに送り安平の謀反計画を密告する。
28話 命乞い
先王の命日に寧陽尉から宮殿に戻った端宗はそこで待っていた首陽と会う。しばし会話を交わした後、キム・ジョンソを呼んだ端宗は首陽が命乞いをしたと告げ、安平の腹心イ・ヒョルロを罷免して地方に送るよう指示する。首陽が命乞いをしたという噂は翌朝には宮殿中に広まり、人々は首陽を笑いものにするが、ハン・ミョンフェはその様子を笑みを浮かべて見守っていた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7043-70cb9347

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。