• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

スクール!!4話

塚本くんかわいそすぎる~。校長先生、デリカシーなさすぎ。江口さんの校長がうざいんだけど、ちゃんと突っ込む西島さんが教務主任としているので、かなり緩和されますね。彼が、「生徒のことを第一に思ってる」ということが分かるだけに・・・。
あとは、一徳がいい味だしてますね。



あらすじ(公式から)
成瀬誠一郎(江口洋介)は、職員会議で、区長が学校を見学する「区長参観」が行われることになったと発表する。桐原伊織(西島秀俊)は、参観日も授業は普段通りで構わないと言うが、脇谷九重郎(塩見三省)は、万全を期してほしい、と息巻く。

そんななか、桐原は、顔色のよくない大橋仁(塚本高史)に声をかけたが、その後、大橋は2日も無断欠勤する。武市かの子(北乃きい)らは心配するが、桐原は、大橋はもう学校には来ないだろう、と言い放つ。大橋は、受け持っている5年生の生徒から侮蔑的な扱いを受けてきたというのだ。

早速、成瀬は大橋のアパートを訪ねるが、応答がない。心配になり合カギでドアを開けようとすると、なかから大橋がそれを阻止。隙間から大丈夫だ、と言うとドアを閉めてしまう。

同じ頃、臨時で5年生を受け持ったかの子は、早くも授業妨害に遭っていた。そんな様子を、学校に戻った成瀬が目撃。午後からの授業は、成瀬とかの子で受け持つことに。ところが、成瀬が教壇に立つと、教室は静まり返る。成瀬は、騒ぐなら騒げ、とあおるが、誰も騒ごうとしない。さらに、一人ひとりに呼びかけるが、生徒は、自分は騒いでいない、自分は注意した、と弁明するばかり。ところが、成瀬が背をむけた瞬間、原翔子(荒川ちか)がガシャンと筆箱を落とした。成瀬が振り返ると、翔子は、手が滑って、と言ってのけた。

その頃、大橋はひとりアパートの部屋で5年生を受け持ってからの日々を思い返していた。

何とか5年生の授業を終えた成瀬は、帰宅途中、河川敷にたたずんでいた。と、そこへ武市幹城(岸部一徳)がやってきた。酒とおでんを携えた武市は、成瀬と酒を酌み交わし、複雑な世の中だが、シンプルなのが一番いい、と語った。

翌日、区長参観日まで時間がないなか、大橋の不登校問題などでストレスがたまった脇谷が、胃炎で倒れてしまう。脇谷は成瀬に、大橋の代わりの教員を採用してくれ、と懇願するが、成瀬はあと2日待ってくれ、と頼み、桐原もそれを容認する。そんなやりとりを見ていた岡本幸恵(市川実和子)は、桐原に、成瀬が昔の桐原に似ている、と意味深な発言をする。

一方、学校を辞める決意をした大橋は、辞表をポストに投函した。そして、道端で酒を飲んでいると、4年生の田畑健(中島凱斗)が通りかかる。健は、優等生だが周囲から関心を示されないことが不満で、病気だとウソをつき学校を休んでいた。ふたりが互いの状況を打ち明けていると、そこに、刑事がやってきた。

同じ頃、授業をしている成瀬のもとに、桐原と本木友一(三浦翔平)が来て、大橋と健が警察に連行されたと報告する。

成瀬、桐原、かの子、本木が警察署に行くと、刑事に連れられて大橋と健が出てきた。本木は、健を自宅に送り届けると言って警察署を後にする。大橋も、成瀬らに辞表を郵送したから、と頭を下げその場を去ろうとした。成瀬は、そんな大橋に止まるよう言うが大橋は止まらない。すると、成瀬は、持っていたノートの記述を読み上げはじめた。それは、5年生クラスに就任以降、大橋が綴っていた記録だった。大橋は、成瀬に駆け寄るとノートを奪う。そして、それを地面に叩きつけ、踏みつけた。成瀬がそれを止めようとし、ふたりはもみ合いになる。と、突然、大橋が地面にへたり込む。自分はもう教師を辞めるんだ、と言う大橋に、成瀬はこのまま逃げるのか、と問いかけるが、自分の気持ちはあんたにはわからない、と叫び、大橋は再びノートを投げ捨てた。

そこに、雨が降ってきた。雨のなか泣きだす大橋を、奮起させようと必死になる成瀬。すると、そこへ桐原が割って入った。桐原は成瀬の胸倉を掴むと、最後の最後に人を追いつめるのは、無知で無邪気な善意だ、と言い放った。激しく怒りを露わにした桐原に、成瀬は返す言葉もなく…。


クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7056-9418cd28

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。