• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

初恋33~36話

33話
二度と会うなと言われ、入隊しろと言われてしまう。そうすれば兵役中は会えなくなるもんね。ヒョギョンの周囲から姿をけし、ソウルから去れというのが命令。チャンヒョクはそれを受け入れた。出てきたところをスンギにつかまりそうになるが、ソクジンが現れて助けてくれた。チャンヒョクは「ヒョギョンをよろしく御願します。ありがとう」とソクジンにいって、条件のことは話さずに立ち去った。
ソクジンは、会長に「君まで二人を取り持つとは」と怒られちゃいます。

チャンヒョク、そのまま心の整理をつける時間を持っていたので、チャンウやシンジャは心配して病院へ・・・。そこで、皆とシンジャは再会。
チャンヒョクは病院じゃなくて家に戻って、とりあへず書類を隠しました。チャンウにも入隊の話を出来ないチャンヒョク。「会わずに入れば忘れられる」というけど、3年も同じソウルのもとにいて、こっそり見に行ったりしてたんだもんね。

34話
チャンウは大学に戻りました。友人が心配してくれるけど、何も言えない。心配してたというソクヒにも連絡します。チャンウ、入院費のこともあって、結局はクラブでのバイトをすることになります。

ギタリストさんがチャンヒョクが話をして「結婚出来ない理由」がはっきりした。これで、やっとお姉ちゃんは結婚できるかなあ~。入隊前に幸せになってほしいという思いもあるんだろうね。

ヒョギョンは「また会えると信じてるから平気だ」といって、受験に専念します。その頑張りを見て、ソクジンとヒョギョンで別荘にいっては?という話になります。ヒョギョン母はソクジンとくっつけたいようにみえるね。

ドンパル、シンジャの店に出資。借用書書いてもらいなよ~。絶対、やばいね。シンジャのウザさが出番が増えるに連れて増加中。

35話
シンジャがやっぱり欝陶しいなあ。チャンオクとは仲良しだったけど、チャンヒョクには全く相手にされてないのにね。分相応な相手といるべきって、あんたもチャンヒョクとは会わないて自覚してくれ!!

チャンウは「もっと立派な人を」と思うものの、父や兄に言われて、姉さんが好きならって感じで結婚を祝福するようになってきた。

ヒョギョンは受験勉強を頑張ってます。

36話
気丈にふるまってるヒョギョンだけど、思わず泣いてしまう時もある。そんなヒョギョンを見てるソクジンもつらそうだね。

会社もやめてと、ひとりで入隊準備しているチャンヒョク。とうとう、入隊のことをドンパル語るチャンヒョク。そのころ、家に届いた入隊通知をみたチャンウは、工場へ駆けつけて「辞めた」といわれます。



あらすじ(公式から)
33話
チャンヒョクはヒョギョンの父に会うためホテルへ向かった。ひざまずくチャンヒョクだったが、イ社長から封筒を投げつけられ……。
34話
ドッペが退院した。ジョンナムはチャンヒョクの居場所を教えたことをわび、自分にはチャンオクと結婚する資格がないと言うが……。
35話
シンジャはチャンオクのためにウェディングドレスを持ってきた。そこに帰宅したチャンヒョクに、留学資金は自分が出すと言い……。
35話
ひとり入隊の準備をしていたチャンヒョクだったが、酔いつぶれた勢いで仕事を辞めたことをもらす。それを聞いたドンパルは驚き……。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 初恋 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7061-a4e951ec

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。