• 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

風吹く良き日161~165話

ギチョルはオボクに出版祝いで画材セットと花束!をプレゼント。
デハンとミランはそのままデハンの家へ。ミランはオボクとギチョルが一緒にいたなんて話して、誤解を煽ります。
オボクに会いたがる「ドンニブにオボクは外国に行った」とデハンは嘘をつく。でもドンニプはミランを受け入れずに、オボクの絵本ばかり見てる。

デハン、商品に使うキャラクターの契約で、オボクと再会。オボクのデザインだったから・・・。ギチョルからの電話が掛かってきたりして、デハンはすっかり誤解を深めます。

オボクは、お遊戯会の準備のお手伝いを断りきれず、ドンニブには内緒にする、と言うことで引き受けます。当日、こっそり見守るオボクをドンニプが見つけます。オボクは逃げたけど、ドンニプは非常に不安定になってしまいます。
ソニには「オボクの穴をミランで埋めていく必要がある」と感じて、ミランを受け入れ始めます。
デハンは「外国に行ったことになっているから、ドンニプに合わないでほしい」と告げる。
でも、絵本にオボクの名前を見つけたドンニブは、絵本の出版社→オボクの家と訪ねていきます。オボクは喜ぶけど、デハンは心配してた怒りをオボクに・・・。このへんのデハンは子供のためとはいえ、サイテー。
ミランまで、おボクのところに乗り込んで「外国にでもいけ」と言い出します。別れても傷つけられるオボクを見てられないギチョルは、「支援するから一緒に留学するのもいい」と言い出す。ドンニプが何度も訪ねてくるので、留学して姿を消さなければと思い、決心します。
仕事であったデハンにも留学の話をします。

デハンの家では、ドンニプをなつかせるために、一時ミランの家で預かったら?ということになります。デハンとミランを結婚させようという動きも活発化。
でも、ドンニプはミランを母と認めません。なかなかでごワイ。

ミングクとソルヂを早く結婚させようよいう動きがでてきます。でも「ミングクの気持ちの整理ができてない」とソルジは時間をお香としてう。
ソニは結婚祝いを贈ろう、と義弟夫婦のところに行って、治療中のガンヒとあってしまう。ごまかしたけど、ミングクは疑問に思い出す。余命が3カ月、と言うことを聞いてしまうミングクです。結婚も嘘で、全ては自分のためだったと知るミングク。「ミングクの人生を生きて欲しいと願っている」と言われても、「ガンヒのそばにいる」というミングク。家族にも「ソルジとは結婚しない」と言い出します。
ソニやソルジが、ミングクとガンヒを見てしまい、ショックを受けます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風吹く良き日 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7062-0e1e2bc8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。