• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)15・16話

15話
隋の王は、若い女と遊んでて、権力の強い王妃の怒りをかい、その女は殺されてしまった。王は怒って宮殿から出ていってしまう。グァンが間をとりもち、王と王妃の信頼をゲット。
ついでに太子を「父の不在の間、宮殿を守っておかねば」とかいって、宮殿に彼の兵士を配置させて、王の疑念を深める作戦。まんとのる太子がアホすぎっす。

高句麗ではヨン・テジョ復帰。ゴンムの隋よりも百済・新羅を攻略するべき派、生きているうちに隋を滅ぼしたい派など、議論が活発に。テジョは、「百済・新羅を攻撃すれば連合軍を組まれ、隋とも手を組まれる」と警戒。また隋との戦でも、兵器や兵糧だけでなく、精神を鍛えることが大事だ」という。

ゲソムンに近づいてる高句麗の郎徒は、テソのスパイか~。新羅では、高句麗に見下されることへの不満が渦巻いている。
ユシンとゲソムンはそれぞれに恋に苦しんでいる。ユシンは、ゲソムンに「駆け落ちしかないぞ」とすすめる。

16話
駆け落ちを誓うゲソムンだが、フシンに激しく非難され、決意が鈍る。ボヒが準備をしてるのが母に見つかってしまい、激しく非難される。
ユシンもまた、自分の使命からチャンガンニョに別れを告げた・・・。
ふたりとも、心が揺れて修練に身が入らないため、自分を見つめるために洞窟に入ることに・・・。ここでまた「道士」としての脂質が開くのですね。

ヨンテソに対して、ミシルは強気で出ます。「領土が広いからって、なんで高句麗が三国の兄となるのか??」なんて言って、緊張関係を演出します。ただ頭下げるだけじゃねーぞーな所を見せられるのは、「イレギュラー」な存在だからね。マジで怒ったらテソの器が小さいことになっちゃうし・・・。
ユシンたちの父は高句麗からの使者に付き添って高句麗に行くことに・・・。「新羅より発展した国を見てくる」と意気込みを語ります。

ゲソムンは、テソに素性を知られ、ピンチですな~。ゲソムン、礼儀正しく控えめだけど、どこか高貴な感じがあり、下男に見えないけど下男らしい感じが上手く演じられてますよね~。



あらすじ(公式から)
15話:嫉妬
隋の文帝ヤン・ギョンは、独狐[トッコ]皇后の顔色をうかがいながら暮らしてきたが、寵愛している側室を皇后によって処刑されたことに激怒し出宮する。それを知った次男グァンは、母に「嫉妬に溺れた皇后ではなく、慈悲深い国母の姿を示すように」と謝罪を勧め、また太子には宮中を守るのが務めだと進言する。
一方、高句麗では、朝廷に莫離支[マンニジ]ヨン・テジョが戻ってくる。
16話:愛と使命
キム・ボヒとの駆け落ちを決めたゲソムンは、ボヒの兄フムスンに「身の程知らず」と罵られ、家から出て行くよう命ぜられる。キム・ユシンはチョングァンニョへ涙ながらに別れを告げるが、彼女を忘れられず花郎[ファラン]の修練にも身が入らない。
風月主[プンウォルチュ]キム・ヨンチュンの勧めでウォングァン大師を訪ねたユシンは、洞窟で自分自身を見つめ直すよう諭され、ゲソムンと共に向かう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7065-acbe0ea6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。