• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]
今回は、連合軍解体まで・・・。王を手に入れることを選んだ曹操だが、これは呂布に撃退されてしまいます。援軍も送られないことを理由に曹操は連合軍から脱退。劉備もまた「漢室の再興」ということが守られてない以上、加担できぬとはなれていく。孫権は、董卓が逃げ出した都で玉璽を手に入れたこともあって、怪我を理由に荊州へ一度帰ることを決めた。その玉璽を狙う劉表だが、一度負けたふりをした上に、袁紹がわざと兵糧を送らなかったことを証言し、孫堅への中世を誓って見せる。騙されてるぞ~と分かっていても、ドキドキするもんですね~。



あらすじ(公式から)
孫堅(そんけん)率いる軍は、董卓(とうたく)たちが長安に去って廃墟となった洛陽に入る。孫堅は、大明宮の龍座で五百年あまりの歴史を持つ、代々伝わる玉璽を手に入れる。翌日、同盟軍の諸侯は洛陽の残宮に集結し、董卓征伐の成功を祝うが、曹操(そうそう)、劉備(りゅうび)、孫堅の三人は不甲斐ない同盟軍に失望して、次々と去って行き、反董卓同盟は分裂を余儀なくされる。袁紹(えんしょう)、袁術(えんじゅつ)の兄弟は、孫堅の手にある玉璽を手に入れようと虎視眈々だった。孫堅は、三津の渡りで劉表(りゅうひょう)に一時行く手を遮られるが、劉表には孫堅に手を出す気はなく、自ら負けたふりをして、孫堅に川を渡らせる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 三国志Three Kingdoms群雄割拠 | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7089-d5ae592c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。