• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ガラスの城32・33話

ユランが利用しようとしてる元彼(ジョンファン検事時代の後輩)は、ユランとのキスをかくしどりさせたりして、嫌な感じだね~。
で、ミンジュも強情なんだよね。「自分で生活したい」というのは立派だけど、じゃあ、嫌味言われてるお母さんをかばうとかすればいいのにさあ・・・。あんなに気が強いのに、姑が嫌な噂されてるのには気配りできないんだもん。体面が大事か??って、そういう繋がりは営業の一環なわけで、大事でしょう~。
あと、「やっぱり結婚を軽く考えてた」という感じは否めませんね。そして、それはやっぱり結婚・再婚を繰り返したお母さんの影響があると言われても仕方ない。そう言われやすい環境なんだから、母親を侮辱されたくなかったら、もっと慎重に結婚すべきだった。
ジュンヒもスルギを「娘のセラを思い出す」とかいって、どんどん取り込み中。でも、「あんたはセラを捨てた。スルギのママは亡くなった」というのは大きな違いだと思うけどなあ。ソクジンが「お前しか愛せないと思っていたけど、他に好きな人ができて、愛する人との未来を夢見られるようになった」とハッキリ言ったのは良かったね。
ミンジュも、ちょっと凹んだらすぐにソクジン頼ってるし、相手を間違ったとしか思えんな。
で、アナウンサー復帰だけど、会長はソクジンを婿にすることも含めて、マスコミを抱き込むことでの政界進出を狙ってるのね・・・。だから、許されそうっすね。


あらすじ(公式から)
32話:父の命日
ソクジンとの件で、娘ジュンヒに非難されたドゥヒョンは、直接ソクジンを呼び出して謝罪をした。別の日、娘のスルギにせがまれて、ジュンヒと3人で遊園地へ行ったソクジンは、ジュンヒへの複雑な感情に気付き、心が揺れ始める。
一方、婦人会のバザーに参加したミンジュは、父の命日のため実家に戻ろうとすると「家に戻らない覚悟があるなら、この場を抜け出してもいい」と義母インギョンに言われる。しかし、その言葉を無視して、ミンジュは実家に向かった。
33話:ジュンソンの気遣い
父の法事を終えて家に戻ったミンジュだったが、義母インギョンに家族のことを侮辱され、再び家を飛び出した。ミンジュを気遣うジュンソンは、一緒に家を出てミンジュの実家に身を寄せる。事情を知ったミンジュの母ヤンスクは、キム家に戻るようミンジュを説得するが…。
一方、ソクジンはジュンヒに、かつて心を寄せていた女性がいたことを告白する。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ガラスの城 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7121-1bc54cf7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。