• 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

王と妃34・35話

譲寧君は長男で太子だったのに、弟に太子の座を譲ったという経緯がある。世宗は彼を許し、長く生き残ることで「王族の長老」としての権力を手に入れた。彼は「兄弟同士で殺し合うことはない」ということの意味は分かっているだろう。
でも、首陽の性格、その後の政権運営などで血で血を洗う勢力闘争がくると感じる。必要とされているのは「強い王」。譲位して命を長らえるか、首陽の反対を押し切って「安平、死罪」という決断をして見せるか。それを譲寧君は問いかけている。
でも、首陽はすでに王座奪還に向けて動き始めているからな~。いつわりの涙に騙されている王を気の毒に思い、「これから恐れながら首陽君は生きて行くのだな」と思いながら、安平は最後の時を迎えた。



あらすじ(公式から)
34話 権力掌握
譲寧は国と民を守るため、譲位しろと端宗に迫る。それを知った首陽は動揺するが、ハン・ミョンフェら家臣たちはそのために首陽についたのだった。端宗は首陽を領議政に任命して自分の補佐をさせることにする。これにより首陽は宮殿の権力を一手に掌握した。その頃、議政府では安平を処罰すべきだとの声が上がっていた。だが端宗と首陽にはその決心がつけられない。
35話 安平の死
安平を処刑せよとの声は日ごとに大きくなり、ついには譲寧が立ち上がり、端宗に安平処刑の王命を強要する。首陽は弟を殺すことに最後まで反対したが、ついに王命は下され、安平は毒薬を賜る。この後、反対派たちは徹底的に粛清された。さらに今回の事態の功臣録を作成する過程でも数々の問題が生じるが、ハン・ミョンフェはすべて予想していたかのように動じない。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7131-5993134c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。