• 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ガラスの城34・35話

やっぱりジュンソンは「何でも自分の思うようにする。心じゃなくて利益で動く」人だな。父親そっくりの取引をして、母親を傷つけたミンジュも姑に対して心で接してないんだよね。まったく尽くしてない。「家族は捨てられない」というのなら、姑だって家族になったんだから尽くしなよ~。まったく心がこもってない。
「私の人柄じゃなくて家柄が嫌いなんだろう」とか思ってるみたいだけど、フツーに人柄が嫌いなんだろう。ジュンソンの家族をたてること、折れること、大事に思うことを出来ないところが嫌われてるんだよ・・・。継父に対しても冷たかったし、ミンジュって割と冷たい人間なんだよね。ソクジンは「意地になってしまうところが自分に似てて心配」って感じで惹かれるんだろうし、ジュンソンにとっては「物珍しい」から温かいと感じるんだろうけど・・・。

で、ユランとヒョンソク。古い付き合いの化学事業の関係者から、その不正裁判を徹底追求することにしたみたい。

で、ミンジュ復職。これも、放送局を得たときのための布石なんだけどね・・・。簡単すぎ。
ソクジンは暖かく見守ってるけど、恋する気持ちを抑えるのが大変かな~。そのためにスルギや叔母の願いに流されて、ジュンヒと結婚とか言い出しそう。
ジュンヒから「ソクジンに好きな人がいた」という話を聞いたジュンソンもミンジュンも、「それはミンジュンでジュンソンのために身を引いた」と気がつく。

そんななか、ミンジュの妹とテスの恋愛は本当に微笑ましい。テスの夢を応援しつつも、ミンジュは自分の夢をちゃんと追いかけてるし、ちゃんとした人間として周囲にも気を使ってるし、妹はいいこすぎる。



あらすじ(公式から)
34話:再びアナウンサーに
家に戻れという母インギョンにジュンソンは、自分たちと別居するか、ミンジュの復職か、どちらかを許して欲しいと要求する。世間体のために離婚を避けたいインギョンは、仕方なくミンジュの復職を認めた。
一方、ギュソンの妻ユランは、ヒョンソクとともにユソングループをつぶす計画に向けて動き始めていた。ユランとヒョンソクの過去の関係を知るジュンヒは、「ヒョンソクが検事になったことを知っているか」とかまをかけて尋ね、ユランの様子をうかがうが…。
35話:見合いの席
復職したミンジュは、ソクジンに「初心に戻って頑張る」と挨拶をする。久しぶりに充実した1日を送るミンジュをソクジンは温かく見守った。
一方、妹ジュンヒと後輩検事ヒョンソクが同じ大学出身だと知ったギュソンは、勝手に二人のお見合いの場をセッティングする。何も知らずに同席したギュソンの妻ユランは、ヒョンソクが現れて動揺する。
妹いもうと妹妹と
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ガラスの城 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7154-02f93a2c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。