• 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

鉄の王キム・スロ17・18話

17話
タレは「お前を助ける最善の策だった。判断を間違ったのは確かだ。お前の母を助けたのは俺だ。罪滅しのつもりで・・・。許してくれるよな」と説明する。でも「あんたの母アジンウィソンに息子を失う悲しさを与えたくない」とスロは殺さなかった。甘いな~。拾われっ子として苦労したタレは、恵まれた境遇で育ったスロへの劣等感がある。這い上がるために、散々の苦労をしてきたからね。でも、スロも実母をしらないとアジンウィソンが口を滑らしてしまう。

ファンオクが交易のためにクヤ国へ・・・。アヒョは、ファンオクとスロの仲を疑ってしまう。でも、あくまでも控えめな態度のファンオク。美人だし、つねに腰が低いし、スロ母の心配や、仲間の面倒まで見てくれる。「母親の安全のために、ひとまずシンギガンの息子となるべき。そんな事で大志は崩れない」というアドバイスまでくれる。やっぱ、この人を奥さんにしたら、いい妻になりそうだな~。

シンギガンの息子として生きるしかなくなったスロ。鍛冶場を作る代わりに母親の開放を願う。このことはチョンギョンに大きな圧力となる
イジンアシに補給路を閉ざされたチョギョンは鉄鉱石が、イジンアシには鍛冶場の製品がないために、互いに鉄の生産が止まってしまう。
で、直接対談ということになる。イジンアシ側は通路の封鎖解除を要求。そして、ファンオクに与えた通商権の認可。(所有してたヨム・タレはジンギガンについたからね)しかし、その場でスロがジンギカンの息子になったことが告げられる・・・。

巫女ナチャリルはチョンギョンに神託を曲解されることを恐れて、神体を以て逃げようとするが、それは阻止された。

タレは、今はチョンギョン側についていて、交渉役に当たっている。タレとチョンギョンはスロ暗殺を計画。シンギガンと同じようなことをすることに抵抗を感じるイジンアシだが、タレの誘導に乗ってしまう。
一応、一度は「戻ってこい。父の魂がこの鍛冶場にあるだろう。」とスロを誘うチョンギョン。だが、スロは「この鍛冶場はイジンアシを王座に付けるためのもので、民のためのものではない。王座に目が眩んでいるのは、チョンギョンもジンギカンも同じ」と拒否。

職人の流出、神官の反乱などが続き、タレ暗殺を決意するチョンギョン。
しかし神官に「王となるのはイジンアシ」と言わせようとして拷問中に「あなたさまの生んだ子スロが王になる」と言われてしまう。

イジンアシに会いに来たホドン。黙ってきちゃったのね・・・。イジンアシが大好きで、側にいたいという純粋な思いがかわいいね~。

18話
スロを呼び出すためにアヒョを人質にとるタレ。分かっていて救いに行ったスロ。
しかし、スロが自分の息子だチョンギョンが知ります。神官の言葉だけでは信じないチョンギョンだけど、ファンオクから自分の刺青と同じ文様の飾りをスロが大事に持っていると聞いて、愕然とするチョンギョン。でも、これってイジンアシが可哀想だよね~。王となるべくいろんな苦労をし、いろんな我慢もしてきたと思うからさ~。このところ、ちょといい感じに「王」としての能力を見せていただけに・・・。ホドンが慰めになってくれて、本当によかった。
必死に救いに行くチョンギョンとファンオク。ファンオクは、母子の対面に涙しアヒョを慰める。自分だって駆け寄りたいだろうに、ほんと出来た女性。

アジンウィソンから事情を聞いたチョンギョン。しかし、事情をしらないスロ母に説明しても、納得行かないよね~。チョンギョンは「これまで育てたあなたも母」という理解を示してはいるけれど・・・。しかし、今は息子の危機。協力してなんとか助けようと看病をします。

瀕死のスロを殺そうと、タレはアロに救いを求め、治療と称して毒を秘薬として処方する。ファンオクが漢の医者をつれてきて、見破りました。さらに、アヒョをスロのもとに連れて行ったり、ほんと切ない役回り。でも素敵。

タレは、イジンアシに「あなたがスロを兄と認めれば、あなたは王になれない。私はあなたの味方。ひとまずサロ国に逃げます」とつげてさります。チョンギョンはタレを許さないというが・・・。
イジンアシに神官は「運命を受け入れろ」というけど、それは無理だろうよ・・・。神託は人間の解釈次第だけど、お告げはイジンアシが生まれる前のスロが来た時にあったからだというけどなあ。神託は「欧となるべき人が来る」という予言だから、「これから生まれてくる子」という解釈も可能だとおもうよね。母の愛、ファンオク、アヒョ、すべてがスロを大事にする。王となるべき人間として生きてきた努力も水の泡。これじゃ、イジンアシ可哀想過ぎ。少しはチョンギョンがフォローしてあげないとなあ。
あと、「男系社会」のようなので、クヤ国の父の血を引くイジンアシの方が欧になるべきな気もするんだけど、それは神託が威力あるのかね~。



あらすじ(公式から)
17話
スロはタレに復讐する機会を得るが、アジンウィソンを悲しませたくないとして彼を見逃してやる。ファンオクがクヤ国にやってきてチョンギョンから交易を任されることになり、彼女がスロに近づくのではとアヒョは不安になる。シングィガンはスロを息子だとチョンギョンに紹介し、シングィ村に鍛冶場を作ってそこをスロに任せると圧力をかける。危機感を募らせるチョンギョンに、タレはスロを殺すべきだと勧めるのだった。
18話
罠と知りつつアヒョを助けに行ったスロはタレが放った刺客たちに襲われ、死に物狂いで戦うが多勢に無勢でついに倒れてしまう。だが、とどめをさされようとした瞬間、スロが我が子だと知ったチョンギョンが駆けつけて救い出す。深い傷を負って生死の境をさまようスロ。スロが息を吹き返すと立場が危うくなるタレはアロに救いを求め、アロは医者をスロの治療に送る。アロの指示を受けた医者は毒を秘薬といつわって処方するのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 鉄の王キム・スロ | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7176-d9f92f96

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。