• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

みんなでチャチャチャ94~98話

さあ、もうバレますよ~。でも、すでにユンジュンさんも結婚しようとしていて、幸せなんだから、バレなくていいじゃん~とか思ってしまうのね。
でも、バレないとナユンとジヌの障害は解消されないしな・・・。
あと、ジヌとナユンをくっつけるために、チョルが凄い悪いヤツになってるのがな~。だって、ナユンは普通に「彼氏」的な立場をチョルに与えていたじゃん?それで、今更「たんなる先輩」とか言い出したわけだしね・・・。
あと、ジッパー付きは特に特殊でもないと思うんだよな~。それを「アイデアを奪った」とかいうのが・・・。



あらすじ(公式から)
94話
倒れたナユンをジヌは病院へ担ぎ込む。連絡を受けたシヌクとウネ、チョルも病院へ行き、ストレスと疲労が原因で倒れたと聞く。ユンジョンはジュヌに誘われ、家を見に行くことに。庭付きの広い家を見て戸惑うユンジョン。結婚式の日取りも決めたいと言い出すジュヌに、ありがたいと思いながらもユンジョンは気が進まないのだった。だがジュヌは堂々と皆に祝福されて結婚式を挙げたいと思っていた。彼は年内の挙式を望んでいる。結婚の許しを得たと聞いたドンジャは、ユンジョンに頼らず生活するために、仕事を探すことを考え始める。一方アニメ準備室では試写会を控え、シヌクがスタッフの親族を招待することを提案していた。ナユンの入院を聞いたドクスとジョンスクは病院へ見舞いに行く。その後シヌクとウネと食事をしたドクスは、ナユンを長男であるチョルの家に住まわせたいと言い出す。挙式に関しても口を出す素振りに、ウネたちは困惑するのだった。二人が留守の間、留守番を命じられたジンギョンはハンに連絡を入れて早く帰ってきてもらう。ハンが帰宅すると、お腹を大きくしたジンギョンが現れる。出産のリハーサルをして、ハンの父親としての自覚を促そうという作戦だ。
95話
ナユンはすべてを忘れるために、チョルに「早く結婚をしたい」と言う。チョルは、ナユンに過去のことは忘れさせてやると言い、自分を選んだことを後悔させないと言うのだった。ウネはチョルに、結婚後は自分たちと同居するように言う。そして同居をドクスに説得するよう命じる。幼児用製品の新パッケージをチェソン包装と契約できなかったユニコーン製菓では、チョルが強引な計画を立てていた。それは、ジヌの新パッケージ案はイェソン社と契約に至ったが、先に提案されて内容を知っていたユニコーン製菓が、イェソンより先に商品化してしまうというものだ。スヒョンはギョンヒョンから自転車をプレゼントされ、河原を一緒にサイクリングする。一方ドンジャは同級生の集まりに顔を出すが、ジョンスクが、チョルの社長令嬢との結婚話を自慢しているので居場所がない。ジヌのことに話を振られて困るのも悲しいのだった。食事をした海鮮鍋の店でパート募集の張り紙を見たドンジャは、こっそり店に戻って募集の件を聞いていた。そこへジョンスクが戻ってきて、ドンジャが仕事を探していると知られてしまう。同じ頃、試写会にスタッフの家族も招待されると知ったウネは困惑していた。
96話
試写会でユンジョンとシヌクに鉢合わせされては大変なことになると思ったウネは、シヌクが試写会に来られないようチョルに画策させる。ナユンと食事を共にしたチョルは彼女に対し、愛し方は千差万別、嫌いでもそばにいてくれと告げるのだった。スヒョンは、家族に試写会のチケットをプレゼントする。その席でチョンニョは、ジヌに見合いの話を持ち出す。その気はないと話すジヌにかまわず、強引に話を進めるチョンニョ。そんな時、ドンジャにジンギョンから電話が入る。ジョンスクから、ドンジャが仕事を探しているようだと聞いて心配して電話をかけてきたのだ。ドンジャはごまかして電話を切る。その夜ユンジョンは、ドンジャに改めて感謝の言葉を口にする。お互い夫をなくして15年、笑ったり喧嘩をしたりしながらずっと一緒に歩いてきた。ずっと続くかと思っていた生活が、ユンジョンの結婚で別の方向に向かい始めたのだ。ドンジャもこれまでのユンジョンの苦労をねぎらい、ジュヌと幸せになれと言うのだった。ギョンヒョンの父の見舞いに同行したスヒョン。意外にもギョンヒョンの父親が、息子の仕事に好意的でないと知るのだった。一方イェソン社に呼び出されたジヌは、幼児用パッケージの契約を破棄すると言われる。
97話
経済人協会の冒頭演説のスケジュールを入れられ試写会に出席できなくなったシヌクは、相談もなく決めたチョルを叱る。そして試写会に出られるように再調整を命じる。イェソン社から契約破棄を告げられたジヌ。彼はユニコーン製菓が、イェソン社に提案していた案と酷似した物を先んじて出す動きをしていたと知る。イェソン社より先にユニコーンに見せていた案を取られてしまったのだ。しかもそれがチョルの圧力によるものだと知ったジヌはユニコーン製菓へ乗り込む。そしてチョルに怒りをぶつけるが、君は甘い、僕には勝てないと言われてしまうのだった。ユンジョンとジュヌは、スヒョンとギョンヒョンを呼び出し、一緒に食事をする。その帰り、優しく立派な娘にスヒョンが成長したとユンジョンをねぎらうジュヌ。同じ頃、ドンジャが仕事に行く段取りの電話をしていると、そこへジヌが帰宅。彼が問い詰めると、暇なので仕事をするつもりだとドンジャは言うが、ジヌは強く反対する。
98話
ジヌに反対されたにもかかわらず、翌日ドンジャは仕事に出かけてしまう。同じ日、試写会へ向かったユンジョンたち。ジュヌはスヒョンに恥をかかせまいとおしゃれをしている。“ユニトゥーン”開局記念試写会の会場ではスヒョンたちが準備万端整えていた。一方、会場に到着したウネにシヌクから電話が入る。会議が急遽中止になり試写会会場へ向かっていると聞き、ウネは狼狽する。試写会に現れたユンジョンとジュヌは入口でウネに会う。ジュヌは、以前カーセンターに客として来ていた女性が、ユニコーン製菓の社長であると初めて知る。試写会に行くつもりが体調を崩して家に帰ったチョンニョ。彼女の様子を伝える電話を受けたユンジョンがロビーで電話をしていると、そこへシヌクが到着。だがユンジョンは彼に気づかない。試写会が始まりウネは気をもむが、シヌクはユンジョンに反応することはなかった。だが、スヒョンが父親への思いを込めて作ったアニメを見ているうちに、シヌクは頭が痛くなってくる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| みんなでチャチャチャ | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7200-e6dfb01c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。