• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)28・29話

28話
隋で海賊に捉えられたゲソムンたち。ワン・ビンは金を渡すことで開放要求。金が届くまで、捉えられて何もすることのないゲソムンたちは、身の上話をしたりして、何気に親交を温めております。
グァンに頼んで身代金を出してもらったワン・ビン。ちゃんと、軍も連れてきて、海賊討伐もしてくれました。

隋では、グァンの腹心である右僕射ヤン・ソも「時流は変わる。投資するなら人にしろ。民に奉仕するイ・ミルなどと付き合え」と息子に言い聞かせたりしてます。

グァンはやっぱり陳夫人にはめられちゃうのね~。オバカさん・・・。

29話

陳婦人、グァンと二人きりになっておいて、「グァンに襲われた~」と騒いで、グァン失脚を狙います。廃太子となる前に、皇帝に死んでもらおうという決意をするグァン。これで、まずは「国を支える」文帝が崩御。グァンはお馬鹿だから操り放題だし、兄弟間の争いは起きるし、陳夫人の狙いバッチリだな。

ゲソムンは、ワン・ビンにさらなる学問の機会を与えられます。中国から渡ってくる書物を読むのとは数が違うし、筆写の時代だから、より正確だしね。



あらすじ(公式から)
28話:海賊と国賊
商団の船が嵐で沈没し、離島に漂着したゲソムンたちは海賊の捕虜となる。ゲソムンに命を救われたワン・ビンは彼に親しみを覚え、太子の侍衛軍によって救出された後、一緒に隋へ来ないかとゲソムンを誘う。
その頃、隋文帝ヤン・ギョンは重い病に倒れ、仁寿宮で寝込んでいた。文帝を介抱するチン貴嬪[クィビン]から密かに呼び出されたヤン・グァンは浮き足立つが、チン貴嬪の巧妙な罠が待っていた―
29話:文帝の最期
文帝ヤン・ギョンは、太子に襲われたというチン貴嬪[クィビン]の訴えを信じ、ヤン・グァンを廃位して兄ヤン・ヨンを復権させると決断する。これに慌てたヤン・グァンは、腹心の武衛将チャン・ヒョンに泣きつく。そしてついに、病床に臥す文帝ヤン・ギョンに魔の手が伸びる―。
その頃、ゲソムンは隋のワン・ビンの屋敷に招かれ、書庫の本を読み尽くし学問に励むよう勧められるのだった。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7207-a31d0a73

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。