• 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

CONTROL~犯罪心理捜査 8話

2話に引っ張るほどの話なんだろうか?という気もするけど、まあまあか・・・。
熱血刑事仲間の瀬川と同期の寺西。寺西が捕まえた窃盗犯が再販の疑いをむけられる。でも、実際にあってみた印象というか「シロだと信じたい」という寺西。捕まえたときに「やっと終えられる」とつぶやいたことから、「辞めたいと想ってる」と感じたからというのが寺西。
瀬川は「辞めたくても辞められない」そういう窃盗癖があって、今回も抑えられないのでは??となる。
保護司をともなって塚原が警察に・・・。アリバイの主張。
その後、疑われたことで、家族からも仕事からも拒絶された塚原が暴走・・・・

あらすじ(公式から)
殺人事件現場の家にやってきた瀬川里央(松下奈緒)。被害者は帰宅した時に窃盗犯と遭遇。乱闘中、突き飛ばされた弾みで庭石に頭を強打したのが致命傷となった。窃盗事件は立て続けて起きていて、これが4件目だった。どれも職人技ともいえる巧妙なガラス切り技術が使われていて、所轄の刑事から容疑者は窃盗の前科者で1年前に出所している塚原洋二(柏原崇)だと教えられる。しかし、寺西景(横山裕)は塚原再犯説を強く否定する。

6年前、窃盗を続けていた塚原を逮捕したのは警官の寺西だったのだ。任意同行をかけるため塚原の元へ向かう途中、寺西は里央に捕まえたときに「やっと盗みがやめられる。ありがとう」と言われた言葉を信じていると話す。
塚原は犯行をきっぱりと否定。すっかり塚原を信じている寺西の言動に驚く里央だが、その後に会った保護司の蓑田もやはり更正して真面目に働いているという。寺西と蓑田は、塚原が真面目に働いて社会復帰できたら別れた妻子とよりが戻せると、この1年必死で頑張って過ごしてきたことを知っていたのだ。妻子と再会する日は翌日に迫っていて、帰り道でも寺西は、塚原は犯人じゃないと言い切る。

分室で一部始終を南雲準(藤木直人)に報告する里央。南雲は、客観性を失っている寺西を心配する。また、その影響で塚原は犯人じゃないと思いかけている里央に「騙されては、いけない」と言葉を残す。その後、塚原が犯人の可能性を疑う里央に寺西は怒りをあらわにする。捜査会議でも塚原が犯人である可能性が提示されるが寺西は潔白だと言い張る。そんな中、話したいことがあると塚原が蓑田と一緒に捜査課へやってきた…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 日本ドラマ未分類 | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7214-afa79d4e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。