FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬とオオカミの時間 3話

いやあ、凄い展開速い。潜入って潜入するのに手間がかかるし、その流れをどうやって作るんだろう?って思ってたけど、こういう展開するのかあ。イ・ジュンギ君も迫力の演技でした。

ミンギ&ジウ&スヒョンは仲良くなってます。でも、ジウがすきなのはスヒョン。会社に飾ってっていう絵も、スヒョンは断ったけど、ミンギが気を利かせて貰って、スヒョンの自宅の家に飾ってあげる。ミンギ、いい奴なんだよねえ。
スヒョン、コミ派の相手探そうと提案しますが、課長に「勘では駄目。コミ派の張り込みで対応する」と言われちゃいます。コミ派の一人が、なんか書類を受け渡し。このヤクザ集団にくっついてる情報員ユン・ホヨン。度胸ありすぎじゃないっすか?この書類は、チュンバンを抜けた男たちのものなのかな?アリ実父マオに、ジウの育ての親の居所がばれてしまいました。




なかよくテニスをしているジウ父娘のもとにマオが。ジウが水を買っている隙に、脅しにやってきた。マオ、「娘にだけはいい父親でいたかったのに。お前が盗んだ。」ジウ父は「死んでも後悔ない」と頑張ります。戻ってきたジウに「会社の人がきてるんだ」とごまかした。ジウもスヒョンから食事に誘われたので、遠くから「行ってきまーす」って行っちゃった。マオも、娘に姿を現さず、後姿を見つめるだけ。
スヒョンはタイの話を嫌がる。ジウは「父と同じ。何か隠してる気がする。もっと理解したいのに」スヒョン「僕の気持ちは、ジウは友達で、一緒に居て楽だけど、それ以上は分からない。人の気持ちまで考える余裕がない」だって。ジウは凄い積極的だけど、スヒョンは壁を作ってる。沈むジウ。父は週末に時間を空けて置けと。(実の父と会わせるつもりのよう)。ミンギが、ジウにお昼持ってきてくれて、くだらない軽口で笑わしてくれる。お調子者だけど、いい奴だよねえ。
スヒョンは凄く仕事熱心。局長が、君の父親ドンピョをタイに送ったのは僕だ。父は優秀だった。君も優秀そうだって話をしてくれます。コミ派の張り込みは続いていますが、マオは非常に敏感で、張り込みを巻くことが多い。それに気が付いて調査しようとスヒョンは言うけど、容疑がないじゃん!って課長。そうだよねえ。とにかくコミに張り付きつつ、挙動の変な車について洗うスヒョン達。マオとコミ派の会談。店員に扮したスヒョンは、盗聴器を仕掛けに行きます。そこで、マオの腕の刺青の文様を見てしまいます。動揺するスヒョン。部屋を退室しても、作戦本部に戻ってこない。店の中に隠れ、拳銃を確認して、退室するマオに近づく。だが、気づかれて護衛に殴られる。その護衛を倒して、マオを追うスヒョン。戻れという無線も無視して追うが、マオに襲われて首を絞められて倒れた。倒れたまま、去るマオの背中から発砲。しかし、玉切れ。
スヒョンは、そのまま病院に担ぎ込まれ、瀕死の状態。怪我もだけど、母親の事件を夢見てパニック状態のスヒョン。母やジウが、必死に手を掴んで励まして、とりあへず意識を取り戻した。
父とスヒョン。密かに会談。スヒョンは父にだけは「マオが現れた」と告げます。これは隠しておかなければ、スヒョンは情報局で働けない。出勤しても、オ課長の取調べに「盗聴器が旨く仕掛けられなかった気がして店に残った。追いかけたのは、携帯での会話を聞こうとしたためだ」と説明します。新人のミスということで、スヒョンは処理されました。
この作戦を後に生かすためってことで、ミンギの情報分析課に、作戦の映像や記録が届けられる。ミンギが分析中、とんでもないものを見つける。とっさに隠そうとしたけど、先輩に見つかってしまう。スヒョンの行動が再審議されることに。ミンギがその場に居て、本当に苦しそうに、泣きそうな顔してて、友達も家族も裏切ることもある「情報局職員」の苦悩を示してました。ミンギが見つけたのは、背を向けるマオに発砲するスヒョン。「チュンバンに個人的恨みがあって、それでこんな行為をしたのか?」と責められるスヒョン。オ課長がカメラの外で何か緊急事態だったのかも?といってくれますが、家族関係などについて突かれたスヒョン「私的な復讐のためだとしたら、間違っているのですか?あいつが母を殺した。この手で裁こうとした。そんな奴を裁くのが間違っているか?」といってしまいます。局長「君に裁く権利はない。それが分からないなら、辞めるしかない」結局、免職になってしまいます。全身チェックされて、情報漏えいに関する書類書かされて、淡々と放出されるスヒョン。トイレで泣いてるスヒョンの顔が、壊れた鏡に映って、それがジュンギ君とは思えぬほど童顔で、その幼さと恨みの深さが印象的でした。
一週間部屋にこもりっぱなしだったスヒョン。心配する家族の前に、明るい顔をして出てきました。無理してるなあ。ジウも心配して、食事時にこっそりメール見ちゃった。バンコク行きのチケット取ったのを確認。ミンギも「ずっと一緒だったんだ。無理してるのも、何か隠してるのも分かるんだぞ」とスヒョンを気遣います。
スヒョン、バンコクに出国です。その飛行機の席のとなりには、なんとジウが。ジウの気持ちは分かるけど、あんたは「敵の娘」だしなあ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 犬とオオカミの時間 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/722-af529e63

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]