• 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

王と妃43~45話

とにかく、なんとかかんとか結婚までこぎつけました。結局は「子息繁栄こそが先王ののぞみ」ということで押し切ったね。でも、恵嬪は排除されるし、さりげなく「裏から操るぞ~」という首陽の意気込みが感じられます。
でも、首陽派のひとは「実利」が欲しいわけで、それには首陽に王になってほしい。好き勝手政治する喜びを首陽は得られるのに、野心を隠すために功臣は権力のおこぼれをもらえない。不満はつのるよね~。



あらすじ(公式から)
43話 最終候補
宮殿に妃候補たちが集まるが、なかなか絞りきることができない。そのなかで内命婦ではユン氏が推薦するソン氏など三名を最終候補と決める。だがそのなかには恵嬪と錦城大君が推す候補はいなかった。最終決定を残すだけになった妃選びだが、ここに来て、またもや先王の喪が明けていないことが問題視される。その頃、ハン氏はハン・ミョンフェの家に仲間を集めていた。
44話 妃決定
宮殿が妃選びに集中している頃、ハン氏はハン・ミョンフェとともに首陽を王座に上らせるための画策をしていた。そのために待ち望んでいた妊娠さえ明らかにせずにいた。学者たちは先王の喪が明ける前の婚礼にいまだ難色を示していたが、話は着々と進んでいった。こうして妃はソン氏に決定、最終選考に残ったあとの二人も同時に側室として輿入れさせることになる。
45話 端宗の婚礼
首陽は時代が変わればやり方も変わると、喪にこだわる連中を黙らせる。ハン・ミョンフェと首陽の仲はさらに溝が深まり、親友のクォン・ラムさえ手を焼く始末だった。婚礼の決まったソン氏のもとには納采の品が次々に運び込まれる。ソン氏の父ソン・ヒョンスは娘の行く末を案じ、涙を見せるのだった。こうして婚礼の日がやってくる。ソン氏は二名の側室とともに宮殿へ…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7230-9a31d755

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。