• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)31・32話

31話
隋はグァンの悪政で暗い時代を迎えます。陳夫人は殺されますが、隋の滅亡を予言します。

ゲソムンたちは、武芸の鍛錬や書物の勉強に精をだしてます。すっかりイファに気に入られましたね。

高句麗では、決戦の時に備えた情報収集が活発化。

32話

いつまでも故国に戻らないのはどうかと思うという仲間の意見に対し、「今は学び、力をつけるとき」とゲソムンは思っている。
ゲソムンの能力を見越し、「乱世には英雄が必要だ。読書だけでなく、政治論議にも加わってみよ」とアドバイスされる。イ・ミルの家で高句麗の三足鴉の文様の由来をしり、彼らがトンイ出身でチュモ王の流れをくむ一族だときかされます。さらに、後に唐の皇帝となって死闘を繰り広げることになる皇族の「イ・セミン」と出会う。
この辺はファンタジー色満載ですが、面白いですよね。戦場で相まみえるときに「敵でありながら心が通じ合う」みたいなのってあるじゃないですが。それを盛り上げるために、若き日に合うってのは、ドラマ的には凄くいい。
後は、イファと着々と恋愛が始めってますな~。

高句麗では、海戦のために造船を急ぎつつ、隋の内偵を進めて戦の回避をも探っている。

グァンはヤン・ソ抹殺に心を砕いております。



あらすじ(公式から)
31話:暗黒の時代
皇帝の地位を誇示し、強引に政策を進める隋のヤン・グァンは、自分に反発するチン貴嬪[クィビン]を殺害し、謀反を起こした弟ヤン・リャンを幽閉する。そして、その毒牙は側近のヤン・ソに向けられる。高句麗のコ・ゴンムは、ヤン・グァンの尋常ではないやり方に脅威を感じ、隋との開戦に備えるのだった。
一方、ゲソムンとの手合わせで負けたイファは、「本物の男と出会えた」とゲソムンに想いを寄せるようになる。
32話:同志イ・ミル
ヤン・グァンは高句麗からの使者を“密偵”と罵り、「必ずや高句麗王とゴンムの首を切る」と恫喝する。一方、イ・ミルの屋敷を訪ねたゲソムンは、高句麗の国鳥である三足烏[さんそくからす]の掛け軸があることに驚く。イ・ミルが語る三足烏にまつわる歴史と、壮大な志を聞いたゲソムンは心を揺さぶられ、彼らの同志になることを誓う。
同じ日、ゲソムンは生涯の好敵手となるイ・セミンと初めて顔を合わせるのだった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7239-db99c4fb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。