• 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

TAROの塔 2話青春のパり

太郎にとってやはり「かの子」は芸術とは何かを教えて、その芸術の火を点火した人。「孤独にならなけば何も得られない」「自分で認めなければ意味が無い」「芸術よりも人間になれ」
そんな言葉の数々は太郎を支え、縛りもしてきた。母の死は転換点になるだろうね。


あらすじ(公式から)
 昭和42年、「大阪万博」のプロデューサーに就任した岡本太郎(松尾スズキ)は、建築家の丹下健三(小日向文世)から、万博のシンボルゾーンに設置予定の大屋根の模型を見せられる。未来の空中都市を表現した巨大な屋根を前に、太郎は強い妄想に駆られる。それは、大屋根を突き破ってそびえるベラボーな塔の姿であった。
 太郎芸術に決定的な影響を与えたのはパリである。昭和4年、新聞社の特派員に任命された一平(田辺誠一)は、かの子(寺島しのぶ)と18歳になる太郎(濱田岳)を連れパリを訪れた。芸術の都の空気に触れ、太郎は本格的に画家を志す。離れ離れになることを恐れるかの子だったが、「パリで生きる人間になって苦しみや歓びを描かなければ、誰の心もうてない」と太郎を突き放す。単身パリに住む決意をし修行に励む太郎だったが、書きたい絵が見つからない。そんな時に出会ったのがピカソであった。国境も人種もない抽象画の世界に感動し、ピカソを乗り越える決意をする。一方、日本では献身的な一平の助けもあり、かの子も自らの小説を完成させようとしていた。「別れて初めて親子になれる」ことを実感する太郎とかの子。ほどなくして、かの子が脳溢血で倒れる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7240-128cb97f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。