• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]
セヨンは記事で真実を告白。ヒョヌクに「私の負けよ。愛してたわ」とメールしてくる。ヒョヌクは「本当の戦いはこれからだ。逃げるな」と返信。恋愛感情抜きで戦えるんだもんね。
ヒョヌクは「不正はしたけど、それなしでも負けてた。能力があるのに調理をやめるというのが腹がたつ」と記者に話す。

こんなときに口うるさい客が。レアの焼き方がイマイチだと注文をつけてくる。ヒョヌクはすぐに原因を探して、スーシェフと肉の保存方法から色々と支持する。「基本もなってない」といって、肉を縛って保存する下ごしらえをスーシェフに指示。
スーシェフはセヨンに頼めなくなった大会の問題もあって、新しいソース作りをしようとしてて、それで臭みを解決しようとする。手伝おうとしたユギョンにバレて口止め。さらに、イタリア派が手伝いに来ちゃって困ってしまう。
翌日、下ごしらえできてないことを知ったヒョヌクは怒ります。大会のことだって知ってて、「シェフの言う事を聞けない奴をうちの代表として出す気はないし、夜の厨房修行も禁止」という。ユギョンが話したとせめる国内派、こそこそしてたことを怒るイタリア派。黙って調理しろ~なヒョヌク。
ヒョヌクは、ちゃんとヒントも指導もしてるのに、それを無視してるスーシェフに怒ってるのね。それなのに、「マネージャー役を引き受けて手助けしてあげて」なんていうユギョン。ヒョヌクはだまってマネージャー登録。「今日から始めるぞ」と厳しい言葉。

社長がヒョヌクに会いに来て、ありがとうという。セヨンが部屋に戻っていてユギョンは、「セヨンは憧れでした。すぐ立ち直るよね?」って励まします。セヨンも「カレはあなたといて素敵になった。私の知ってる人じゃなくなってた。だから棄権する」と言う。

出勤前、お腹すいたというヒョヌクを「じゃあ、チャンポンたべよう」と実家に連れていこうとするユギョン。ヒョヌク緊張して、「黙って食べて出てこよう・・・」だって・・・。でも、ヒョヌク「まずいならまずいという」なんて言うんだもん、つれていけないよな~。冗談も分からないのか?それに、父親の実力を信じてないのかよ!!ってヒョヌクぶちきれちゃう。



あらすじ(公式から)
ニューシェフ大会にでるため、夜中に厨房で練習を重ねていた国内派だったが、マネージャーがシェフが決まらず、出場が危うくなってしまう。大会の事をヒョヌクに言い出せずにいた国内派だったが、ステーキの下準備もせず、ヒョヌクとの対立が深まってしまう。一方、セヨンは、イタリアでの失敗が新聞記事に取りたてられ、店を去ることに…
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| パスタ~恋が出来るまで | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7263-f98bb833

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。