• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

王と妃48・49話

王妃が聡明ですね。恵嬪を留めることで、内命婦と宮中(内官)の力で王を守ろうとする。内命婦のことに官僚は口を出せない。慣例とか行っても、そもそも3・4世代目の王朝だしね。
その上で、首陽は「王妃を迎えたら退職する約束だったはず」と迫っていく。まあ、確かにそんな約束もしたわな・・・。でも、そうすると首陽のおかげで昇進した人たちが黙ってない。そもそもが「文宗時代には官職も得られなかった人」たちが集まってる訳だから、疑心暗鬼にもなるよな。


あらすじ(公式から)
48話 王妃の画策
ハン氏の明晰さに驚くハン・ミョンフェ。彼はハン氏の言葉に力を得、今後に希望を見出す。だが首陽の夫人ユン氏はそんなハン氏の行き過ぎた行動を憂慮していた。王妃は端宗と首陽の対立は避けられないと考え、端宗に力をつけさせようと躍起になっていた。王妃を迎えたことで平穏に戻ると思われた宮殿内の勢力争いは水面下で進み続け、誰もが疑心暗鬼になっていた。
49話 恵嬪と錦城大君
ハン・ミョンフェの仲間たちの不満は日ごとに増して行き、再決起も辞さない勢いとなっていた。一方恵嬪を宮殿から追い出せという官僚の直訴に対し、首陽は内命婦に任せよと命じる。内命婦を取りまとめる王妃は恵嬪を使って首陽から力を奪い、端宗を守ろうと考えていた。恵嬪と錦城は王妃を迎えたら官職を退くという首陽の約束を持ち出して、首陽を追い詰めるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 王と妃 | 18:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7283-0360fd8b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。