• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]
13部隊にもわかれた一斉攻撃。グァンも雪辱を晴らすって感じで考え抜いた戦略があるみたい。「俺の命令で動け」と厳命。でも、臨機応変な進軍と退却をするなら、部隊間の伝令が大事なのに、大丈夫っすか??あと、捕虜や民を酷く扱うななんて、グァンらしくないことも言ってます。しかし、凄い兵力っすな~流石っす。ヤン・ピョンガンやイ・セミンは補給部隊に配置されました。
遼東に大量にある拠点をひとつずつ落とさずに、一気に平壌に向かうために、その手前の遼東城が第一目標。新羅と百済もそろって使者を送ってくる。高句麗の土地をしっている彼らは道案内を申し出るが、グァンは「お前らの手伝いなどイラン」と却下。
ゲソムンが預かったワンビンの商団とイ・ミンたちは財産を放出し、家まで売って貧困や病気の治療に当たっています。イ・ミンは高句麗末裔がもつべきものだと弓をゲソムンに送る。

ホンメとセムンの恋は微笑ましいね~。

高句麗のゴンムは基本的には和平工作でなんとかしたい人。でも、もう戦うしかないと決断。陸軍はマンニジのウルチ・ムンドク、水軍はゴンム、テジョが首都の守りと決まる。水陸両軍ともに徹底して情報収集してあるので、戦略を話し合うまでもなく、号令をまつばかり。ゴンムの「国と民が一丸になって戦おうぞ!!」と激励。
初戦はグァンの失態。浮橋で遼河を渡ろうとしたけど、木材の調達遅れで延滞気味だったし、渡ろうとしたら橋を徹底攻撃されたうえに、春になって氷がとけて川幅が広がってて、少しだけ橋が足りないことが判明。もう前に進むしかない~と捨て身の一斉攻撃にでる先陣。これを攻撃の合図と思って本陣進軍。もうグチャグチャっす・・・。マヌケ・・・。
でも、圧倒的な兵力の差でとにかく防御に徹する高句麗。



あらすじ(公式から)
高句麗を滅亡させることに執念を燃やす隋の皇帝ヤン・グァンは、総勢300万人の兵を動員し、高句麗への一斉攻撃に躍起になる。第一目標は、遼河を渡り遼東[ヨドン]城を陥落すること。迎え撃つ高句麗のコ・ゴンムは「避けられない戦争だが、国と民が一丸となって初めて勝つことができる」と部下に檄を飛ばす。
初戦当日、意気揚々と指揮をとるヤン・グァンであったが、隋軍は大きな失態を犯す―
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7296-c18f0d19

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。