• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)39・40話

カン・イシク老将かっこいいな~。でも、現実は両国ともに疲弊していくばかりの消耗戦。どっちも引く気がないから、程々のところで外交で決着ってならなさそうですね。
これが、国力低下→周辺国からの攻撃や内部崩壊と向かっていくのを分かって見てると、この戦の悲しさも倍増。
そして、グァンの鬼畜っぷり最高潮!!
ゲソムンはい・ミルにあって、民への施しのために財産をうしなっているのをみて、ワンビンの金を使おうとするが、止められる。ミンは「蜂起の時の資金」を取っておきたい気持もあるんだろうね。民心をつかむためのパフォーマンスでもあるんだろうし・・・
ゲソムンは早衣が大活躍した事を知り、高句麗の為に何かしたいと強く思うようになる。


あらすじ(公式から)
39話:勇将カン・イシク
遼河[ヨハ]を渡ったことに喜びを隠せないヤン・グァンだったが、高句麗のカン・イシクに隋の将帥3人が続けざまに倒されるのを目の当たりにして動揺する。
一方、高句麗の早衣[チョイ]たちは、隋の兵糧基地に奇襲を仕掛け、食料・武器・軍需品を全焼させる。ヤン・グァンはカン・イシクをはじめとする高句麗軍を“最強の敵”と脅威を感じつつも、遼東[ヨドン]城の陥落に執念を燃やす。
40話:疲弊
遼東城の攻略に躍起になるヤン・グァンは「兵の死体で山ができようとも必ずや陥落させろ」と命じるが、高句麗の巧みな攻防に歯が立たず、長引く戦況に逃げ出す兵も現れる。
一方、高句麗軍も続々と投入される隋兵との戦闘に疲労の色は濃く、鉄壁といわれる遼東城の城壁の一部が破壊される。その頃、隋のネ・ホア水軍は、高句麗軍の裏をかく巧妙な秘策を進めていた―
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7302-71c1165f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。