• 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

三国志Three Kingdoms群雄割拠10話 董卓の死

呂布、董卓を撃つ。が、王允が董卓派の軍隊を壊滅することに拘ったために、逆に都を襲撃される。
「天子を助ける」という条件を叶えるために王允は自殺。その潔さ。先帝への忠義は凄いですね
呂布は「常に父を求める」ひとなんだよね。曹操と別れた陳宮が「参謀」という名の実質的な統御者となって呂布を動かす。
そのころ、徐州で曹操の父が賊に殺されてしまう。


あらすじ(公式から)
王允(おういん)がご満悦で屋敷に戻ると、古い友人である陳宮(ちんきゅう)が待っていた。陳宮は王允の「連環の計」を見破り、呂布(りょふ)の勇猛は使い道があると言う。数日後、王允ら諸大臣が董卓(とうたく)を皇帝に推挙するふりをする。即位の日、王允は逆賊討伐の勅諭を奉じ、呂布が大勢の前で董卓を刺し殺す。陳宮は王允に李傕(りかく)と郭(かくし)の投降を認めるように忠告するが、興奮した王允はそれを聞き入れず、李傕、郭の反撃に遭って殉死する。その頃、徐州の陶謙(とうけん)は、曹操(そうそう)の父の曹嵩(そうすう)を礼遇することで徐州の安全を確保していた。ところが、曹嵩は金目当ての警護兵に殺されてしまう。


あらすじ(公式から)
11話 劉備、徐州を救う
曹操(そうそう)は父の弔い合戦のため、大軍を率いて徐州討伐に出る。陶謙(とうけん)は白い喪服に身を包んで謝罪するが、曹操は三日以内に徐州を下すと宣告する。陶謙は、復讐とは名ばかりで城を取るのが曹操の目的と悟り、袁紹(えんしょう)、袁術(えんじゅつ)に援軍を乞う手紙を出すが、無視されてしまう。北平太守の公孫瓉(こうそんさん)のもとに身を寄せていた劉備(りゅうび)は、陶謙救援を主張し、徐州へと急ぐ。陶謙は劉備の行為に感動し、徐州を劉備に分かとうとするが、劉備は固辞。「たとえこの身は粉骨砕身するも、人の危機に乗じて不義のふるまいはできぬ」という劉備の人情に、関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)は感動する
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 三国志Three Kingdoms群雄割拠 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7305-0ee48ebe

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。