• 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)41・42話

ゴンム、隋の水軍に上陸される・・・。敵の水軍が上手く姿を隠してしまい。航路の読みを間違ってしまった。絶体絶命だが、誘引作戦で危機を好機に変えようと考える。降伏したふりをし敵兵を集めて一気に壊滅。堤防を作ってるというから袋のネズミにするのが狙いなのかな??

別働隊と水軍ではさみうち!!なグァンだが、無理をしすぎて別働隊は疲弊。

ゲソムンは補給部隊をして隋と一緒に高句麗入り。補給部隊を狙っている早衣の師匠ヨンスが襲ってきてしまいます・・・。再会。



あらすじ(公式から)
41話:焦燥
ヤン・グァンは、高句麗討伐に出発してから5ヶ月経つ今も、遼東[ヨドン]城を陥落できないことに自尊心を傷つけられ、「まもなく訪れる雨季の前に片をつけねば」と焦る。
だが、ネ・ホア水軍が大同江[テドンガン]に上陸したとの知らせにヤン・グァンは活気を取り戻し、別働軍を編成し水軍と共に平壌城を挟撃すると宣言する。しかし、別働軍の進軍には、思いも寄らぬ落とし穴があった。
42話:飢餓
鴨緑江[アムノッカン]に軍営を敷く隋の別働軍だったが、無理な行軍のせいで兵士たちは疲労と飢餓に苦しみ、戦闘を前にして悲惨な状態であった。
一方、隋のネ・ホア水軍に上陸を許した高句麗のコ・ゴンムは絶対絶命の危機を迎えるが、「勝利のためには誘引作戦しかない」と話す。その頃、ゲソムンは隋の補給部隊の一員として祖国高句麗の地を進んでいたが、早衣[チョイ]の師範ヨンスらの急襲にあう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 淵蓋蘇文(ヨンゲソムン) | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7328-fe2e880b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。