• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

みんなでチャチャチャ109~113話

思い出の海で再会。ナユンは「私の心にはあなたしか」とか言い出す。まあ、どうせバレルんだから、問題はないんだろうけど、チョルに対して失礼すぎじゃないか??愛してるからって何でも許されるわけじゃないと私は思うぞ・・・。
そして、バレそうでバレない・・・。そろそろ一気にばらして欲しいっすよ。


あらすじ(公式から)
109話
病室の外で、ユンジョンはウネと会ってしまう。自分のいない間にユンジョンが夫と会っていたと知ったウネは激怒。ユンジョンは、もう二度と来る気はないと言ってその場を去るが、病院の入り口で見舞いに来たナユンに会う。ナユンは父のことでユンジョンが会いに来たと知り、申し訳なく思う。シヌクは記憶を取り戻すために積極的に治療をしていくことにする。一方、みんなで食事をするはずが、ついに現れなかったユンジョンを心配してジュヌはカーセンターにいた。ユンジョンはジュヌに、夫に似た人に出会ったと、今までのことを打ち明ける。もしご主人が現れたらどうする?と聞かれても何も答えられないユンジョン。ジュヌは、生死も不明の夫に揺れるユンジョンに困惑する。一方ジンギョンは、お腹の子供に“ポクテンイ”という愛称をつける。“福の塊”という欲張りな意味だ。ユニコーン製菓の打ち合わせでナユンに会ったジヌは、「結婚おめでとう」と目前に迫った結婚を祝う。彼はまだ結婚式が延期になったことを知らない。結婚式が行われるはずだったその日、ナユンは思い出の海へ一人車を飛ばす。ジヌも一人、海岸に来ていた。
110話
秋の海岸で一人、物思いにふけり海を眺めるナユンに気づいたジヌ。彼はナユンに声をかける。結婚式を抜け出して来たのかと思ったジヌは、すぐに戻るように言う。ジヌ自身もナユンを忘れるために海に来たのだ。別れを告げたものの思うのは勝手、私の心には一人しかいないと言うナユン。彼女が意に染まぬ結婚をしようとしていると悟ったジヌは、結婚はするなとナユンを引き留める。彼女が心変わりをしたのでなければ、つかまえて放さないと言うジヌ。病院に行ったナユンはウネに、父親にすべてを打ち明けたいと言うが拒否される。チョルはナユンに、冷たくされるとつらいと訴えるが、それならあきらめてくれと切り返される。ユンジョンと気まずくなっていたジュヌだが、これからは悩みを打ち明けてほしいと言って仲直り。彼は結婚式の日取りをクリスマスに決め、ユンジョンも了承した。家でユンジョンとドンジャが話をしていると、そこへチョンニョが現れた。彼女は“テスに似た人”という言葉を耳にして、話に食らいついてきた。そしてテスが生きているかもしれないと興奮してしまい、ユンジョンたちを驚かせる。退院したシヌクは、チェソン包装の担当をナユンに任せると言い出す。ウネはジヌが絡む仕事は心配だと訴えるが、その程度でナユンとチョルの結婚がダメになるなら、そんな結婚はやめたほうがいいとシヌクは言い放つ。一方彼はユンジョンが気になり、カーセンターへ車を走らせる。
111話
カーセンターへ行ったシヌクは、ユンジョンに声をかけることなく遠くから眺めるだけだった。一方シヌクと連絡が取れず、ウネは不安になっていた。仕事でナユンに会ったジヌは、昨日の件をもう一度確認する。彼は別れた理由がナユンの心変わりでなければ、他の理由は知りたくもないし問題にならないと言うのだった。ナユンも、愛のない結婚はすべきではないと考え始めていた。テスに似た人がいると知ったチョンニョは、昔家族で住んでいた家を見に行っていた。テスが訪ねてきたら連絡してほしいと頼んできたと聞き、ドンジャは胸が痛む。チョンニョを元気づけようと、ジュヌも食事にやってきた。スヒョンからシヌクが会いたがっていると聞いたジュヌは翌日、ユニコーン製菓へ。ジュヌはシヌクからアニメ作品の監修を頼まれる。だがジュヌは組織で働くことが向かないと断り、その代わりに監修できる人間を紹介することになった。その席でシヌクは、ジュヌとスヒョンの関係やカーセンターとのかかわりを彼に尋ね、スヒョンの父が行方不明だと知る。ジュヌはその帰り、ユンジョンたちの家に寄る。チョンニョを元気づけようと漢方薬を差し入れに行ったのだ。そして通されたチョンニョの部屋にあった写真を見てジュヌは驚く。
112話
チョンニョの部屋に飾られていたテスの写真は、ユニコーン製菓のカン・シヌク会長にうり二つだった。ユンジョンが話していた“夫に似た人”とはシヌクのことだと悟ったジュヌは、急ぎカーセンターへ。ユンジョンから“夫に似た人”の話をもう一度聞く。一方スヒョンに会いにきたウネは、ユンジョンがシヌクの病室まで会いに来たことを告げ、二度とないよう注意するのだった。ユニコーン製菓のコメ製品の販売促進を手伝うため、ジヌは会社の了解を得て現場へ急ぎ、ナユンを手伝う。二人は、再び交際することをお互い決意していた。結婚は難しくても、お互い一緒にいて心が通い合えばいい。二人が一緒にいるところにチョルが現れた。ジヌはチョルに、ナユンとやり直すと宣言する。一方、ユンジョンの行方不明の夫の話が気になるシヌクは、スヒョンと社外で会うことに。彼女の父親は判事になったお祝いに海外旅行に行き、事故に遭ったという話を聞き出す。その場所がタイだと聞いて、彼はキム医師から、事故現場が東南アジアだったと言われたことを思い出す。彼はウネから発見場所は上海近郊だと聞いていたので、キム医師に確認を取ることにする。イ家ではチョルの結婚に対し、ジンギョンが無神経な発言をしたことでチョルの怒りが爆発。おまけにハンがジンギョンの肩を持ったことで、ますます険悪な雰囲気になる。シヌクは、ウネに自分が発見された場所を尋ねるが、上海だと言われる。
113話
帰宅したナユンは、ウネに結婚はしないと宣言。反対するウネに対し、チョルに秘密をばらされるのが怖いだけだろうと言う。結婚は無理でも、ジヌを愛するだけでいいと彼女は言うのだった。一方、自分がどこで発見されたのかをキム医師に確認していたシヌクは、カルテを紛失したと聞いて気落ちする。その一方でシヌクはユニコーン製菓のコメの新製品の売り上げが順調なことに気をよくしていた。そしてチェソン包装のジヌをねぎらい、担当者であるナユンに、この商品をコンテストに出すように命じる。ナユンはチョルに、結婚を白紙に戻したいと言うがチョルは聞き流す。シヌクに会うためユニコーン製菓に再び出かけたジュヌ。その席にはウネも同席する。仲睦まじい様子の二人を前にして、さりげなく探りを入れるジュヌ。二人に結婚して何年かと尋ねると、ウネはナユンの年齢を持ち出して27年以上は経っていると匂わす。シヌクもウネの言うことに合わせて、あえて何も言わない。逆にウネから結婚を聞かれたジュヌは、ユンジョンと近く式を挙げると告げる。その足でジュヌはカーセンターへ。ユンジョンに、「夫に似た人はカン会長のことだね」と話し始める。テスの写真を見て驚いたが、ユンジョンに怖くて聞けなかったと言うジュヌ。だが、今日会って別人だと思えたと話す。ほっとしたジュヌは外食をしようとユンジョンに提案。二人が店へ行くと・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| みんなでチャチャチャ | 19:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7342-5355a8bd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。