• 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

江~姫たちの戦国11話猿の人質

もう、江酷過ぎるわ。天下人になろうとしてる秀吉に負けたがわのくせに居丈高。その場で切り捨てられても文句言えんわ。いっそ切り捨ててやれ!!なのに、江に信長の幻影を見てなく秀吉。アリエン。面影全くないし、信長のようなカリスマもないし・・・。そもそも上野樹里ちゃんは「親しみやすい近所の女の子」ってのが売りの人だしなあ・・・。
同じようなことを言っていても、宮沢さんは「負けたとしても恥ずかしめられぬ」という強さがある。やっぱ演技力の問題もあるんだろうな~。
その上、心を決めたはずの母上がまたしても幽霊出演。育て上げたと自負し、覚悟して逝ったんじゃないのかよ・・・。勝家可哀想過ぎる。
そして、何故か茶々まで江を持ち上げモード・・・。なんなんだよ・・・。
でも宮沢さんはある種の包みこむようなものがあって、唯一の救い。市がキツイ女で母性があまりなかったので、茶々の長女として妹たちを守ろうという思いや、母を思ってなくシーンは良かった。あえてアナログで見てるので、年齢は気にならないし!!

で、いきなり信孝切腹して、信勝すぐに徳川にヘルプ・・・。



あらすじ(公式から)
天正11年(1583)4月、北庄城が炎に包まれ落城。江(上野樹里)たちは、母・市を亡くす。
 市が自害したことは、秀吉(岸谷五朗)にとっても衝撃だった。茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)は父母を殺した秀吉を生涯許さぬと宣言。さらに、江に「猿!」と食って掛かられた秀吉は、その背後に信長の亡霊を見て、恐れおののく。
 その後、三姉妹は秀吉の人質として安土城へ。そこで、おね(大竹しのぶ)に、京極龍子(鈴木砂羽)を紹介される。龍子は父・長政の姉である京極マリアの娘で、江たちとは従姉妹。しかし、龍子は夫を秀吉に殺されながらも秀吉の側室となっていた。そのうえ、秀吉のことを優しい人と語る龍子を信じられず、三姉妹は激しい嫌悪感を覚える。
 続いて三姉妹は千宗易(石坂浩二)とも対面。江たちの胸中をおもんぱかった宗易の深い配慮と言葉に触れ、母を亡くした悲しみがこみ上げてくる。
 そんなとき、秀吉の工作により、織田信孝(金井勇太)が自害。織田信雄(山崎裕太)は、家康(北大路欣也)に秀吉の天下取りを阻止するため、共に戦を仕掛けようと話を持ちかける。
 一方、安土城では三姉妹が久しぶりに秀吉と再会。秀吉は、美しい着物をまとった茶々の美貌に心奪われる。そんな秀吉の邪心にい
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| NHKドラマ | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7370-30f53130

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。