• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

冬のサクラ9(最終)話

地震の影響で2話一挙放送。ゆったりしたドラマだったから、2話連続でサクサク進んだ分、イライラしなかったけど、ドキドキは減ったかな??でも、とっても綺麗なラストだったと思います。不倫というよりも、純愛というよりも、佑の大きな暖かさが、モナミごと世界を抱きしめているようなドラマでした。
稲葉兄弟と院長が異母兄弟では?という疑惑はあったけど、弟のほうでしたね。多くを語らず頭をさげる院長の母。「許すことも夫婦の形」というのは彼女の実体験があってこそ。
そして、結局は最後までモナミの意思を尊重して見守り続ける祐。希望を持ってもらおうと嘘の桜の蕾ではげましたり、本当に不器用なんだけど、本当に優しい。
誰かを助けようという思いに溢れた作品でした。誰かが生きている。誰かが生きていたという記憶。小さな幸せが心をあたためる。黙って見守って「大丈夫」ってはげましてくれるから、モナミは最後に自分の人生を選択した。短くても選択できる時間が残されていただけモナミは幸せだったのかもしれませんね。
今回の災害で思いもよらず、一瞬にして奪われた命の多さを思って胸がしめつけられました。肇ちゃんも院長先生も一つでもおおくの命を救ってほしいとおもいます。肇ちゃんバカップルはこのドラマの清涼剤でした。


あらすじ(公式から)
 萌奈美(今井美樹)の意識がやっと戻り安堵する祐(草剛)だったが、担当医より、春を迎えるのは難しいと告げられる。あとは、萌奈美に生きる希望を持たせること……。肇(佐藤健)からも「兄ちゃんなら何か見つけられる」と励まされ、祐は萌奈美のために自分が出来ることを探し始める。
 そんなある日、東京から義母の章子(江波杏子)と琴音(森迫永依)が見舞いに訪れた。章子は、航一(高嶋政伸)がしてきたことを謝罪し、これからは出来る限りのことをすると約束してくれた。だが、言葉の意味を理解できなくなる「失語症」の症状が出てきている萌奈美は、琴音に病状を知られるのが怖くて電話も出来なくなっていると章子に漏らす。
 気が抜けたようになった航一は、ヨリを戻そうと迫る理恵(白羽ゆり)に突然刺され、緊急手術を受けることに。しかし、航一の血液型が日本に数十人しかいないもので、血液の確保が困難な状態。焦る中、医師の木村(菊池均也)があることを思い出し、職員のデータベースから同じ血液を探し当てた。その人とは……!?
 それからほどなく、航一の手術は成功。麻酔から目を覚ました航一に「求めるだけじゃなく、許すのも夫婦です」と章子。それから数日後、退院した航一は山形で入院生活を送る萌奈美の元を訪ね、萌奈美を追い詰めてしまったことを詫び、琴音を萌奈美の分まで愛していくことを約束して、萌奈美に別れを告げるのだった。
 一方の祐は、残された時間を少しでも安らかに過ごして欲しいという想いから、退院して山形の家で療養しようと、萌奈美に提案する。その数日後、祐の家で過ごすようになった萌奈美に会うため、東京から肇と安奈(加藤ローサ)、琴音がやってきた。それは、祐が肇に頼んでのことだった。琴音は萌奈美が作ったレシピノートを出し、萌奈美のために涙をこらえながら料理を作る。愛情たっぷりの食卓をみんなで囲み、あの桜を一緒に見に行くことを約束する。が、その後日……。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のサクラ | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/7371-853fd841

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。